ファッション
連載 エディターズレター:IN FASHION

“なぜハイヒールに惹かれるのか?” 義足のアーティスト片山真理さんの答えに長年のモヤモヤが晴れる【エディターズレター:IN FASHION】

有料会員限定記事
※この記事は2023年07月04日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

最近行った取材の中でピカイチに印象的で、強く感化されたのがアーティスト片山真理さんへのインタビューです。9歳のときから両足に義足を使って生きている彼女は取材時には右足はカラフルな絵を描いた義足を、左足はハイテクな義足をつけ「セルジオ ロッシ」のハイヒールを履いていました。ヒールの高さは11センチです。彼女が学生時代から続けてきた“ハイヒール プロジェクト”の一つの集大成がその靴です。

なぜハイヒールだったのだろう?ハイヒールを履いてどんな景色を見たかったのだろう?彼女にはそれを直球で聞こうと決めて、取材にのぞみました。

ここ数年、自分の中にモヤモヤ留まり続けてきた問い、「なぜ女はハイヒールに惹かれるのか?もしくは嫌悪すらするのか」を彼女の言葉を通じてなら理解できるかもしれない、と思ったからです。一時期「セルジオ ロッシ」のハイヒールばかりを履いていた時期がある私もその魅力を体感で理解しているつもりです。だけどどうもうまく言葉が紡げない。マリリン・モンローのようにわざと片方のヒールを短くして男性の前で頼りなげに見せたりすることに興味はない。だけどハイヒールを見るとやはりウットリする。この感情って何だろうか?それを片山さんに教わりたいともくろみました。

この続きを読むには…
残り833⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。