ファッション

「ゾフ」がリブランディング宣言 初の研究・開発機関設立で眼鏡を変革する

 アイウエアブランド「ゾフ(ZOFF)」を運営するインターメスティックは、創業20周年を迎える2021年に向け、“アイ パフォーマンス(Eye Performance)”をコンセプトとしたリブランディングを始動した。

 3月に就任した上野剛史インターメスティック社長はリブランディングの理由について、「眼鏡をTシャツやスニーカーのように買いやすくし、新しいライフスタイルを創る。それが『ゾフ』のスタートだった。それから19年、インターネットをはじめ生活環境は劇的に変化し、それに伴い眼鏡のニーズや期待、眼鏡が解決できることは増えると認識している。世の中の変化に対応し、眼鏡の常識を疑い、更新していく」とコメントし、今後“アイ パフォーマンス”を起点とする新しい戦略を打ち出すという。

 このリブランディングを遂行する中核として、初となる研究・開発機関「ゾフ アイパフォーマンス スタジオ」を社内に設立した。視力矯正器具以上の目のパフォーマンスを向上させるフレームやレンズの開発、検眼だけでなく目の疲れ具合などを数値化するサービスの研究などを目的とし、同スタジオの責任者は逆井浩之インターメスティック事業基盤本部本部長が兼任する。

 これらのリブランディングについては、ブランディングやマーケティングサポートを主事業とするEVERY DAY IS THE DAYと協業している。同社は、博報堂のエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターだった佐藤夏生氏らが17年に立ち上げたブランドエンジニアリングスタジオ。

 インターメスティックは20~22年を“第二創業期”と位置付け、店舗ロゴの変更を始め、ユーザーとのコミュニケーション戦略、新しい店舗デザイン、デジタルの推進などさまざまなプロジェクトが動き出しており、次世代型企業像の構築が進んでいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら