ファッション

アイウエア「ゾフ」社長が交代 創業者長男がカムバック

 アイウエアショップ「ゾフ(ZOFF)」を手掛けるインターメスティックは、3月24日付で上野剛史氏が社長に就任すると発表した。上野氏は創業者の上野照博・代表取締役会長兼社長の長男。1972年生まれで、日本大学文理学部を卒業し、イギリス・ウォーリック大大学院を修了後、スポーツマネジメント会社、広告会社を経て、2001年にインターメスティックに入社し、12年3月から14年12月まで社長を務め、今回が返り咲きとなる。

 同社は異動の理由について、「目まぐるしい市場環境の変化に柔軟に対応するべく、お客さまの立場で全てを考えるための新体制構築が目的」としている。

 また、次男の上野博史・専務取締役の副社長昇格を発表し、上野照博氏は取締役会長となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら