ファッション

アイウエア「ゾフ」社長が交代 創業者長男がカムバック

 アイウエアショップ「ゾフ(ZOFF)」を手掛けるインターメスティックは、3月24日付で上野剛史氏が社長に就任すると発表した。上野氏は創業者の上野照博・代表取締役会長兼社長の長男。1972年生まれで、日本大学文理学部を卒業し、イギリス・ウォーリック大大学院を修了後、スポーツマネジメント会社、広告会社を経て、2001年にインターメスティックに入社し、12年3月から14年12月まで社長を務め、今回が返り咲きとなる。

 同社は異動の理由について、「目まぐるしい市場環境の変化に柔軟に対応するべく、お客さまの立場で全てを考えるための新体制構築が目的」としている。

 また、次男の上野博史・専務取締役の副社長昇格を発表し、上野照博氏は取締役会長となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら