ファッション

アイウエア「ゾフ」社長が交代 創業者長男がカムバック

 アイウエアショップ「ゾフ(ZOFF)」を手掛けるインターメスティックは、3月24日付で上野剛史氏が社長に就任すると発表した。上野氏は創業者の上野照博・代表取締役会長兼社長の長男。1972年生まれで、日本大学文理学部を卒業し、イギリス・ウォーリック大大学院を修了後、スポーツマネジメント会社、広告会社を経て、2001年にインターメスティックに入社し、12年3月から14年12月まで社長を務め、今回が返り咲きとなる。

 同社は異動の理由について、「目まぐるしい市場環境の変化に柔軟に対応するべく、お客さまの立場で全てを考えるための新体制構築が目的」としている。

 また、次男の上野博史・専務取締役の副社長昇格を発表し、上野照博氏は取締役会長となった。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら