ファッション

新型コロナウイルス感染予防に効果? 「ゾフ」の花粉対策眼鏡の売り上げが前年比250%

 インターメスティックが手掛けるアイウエアブランド「ZOFF(ゾフ)」の花粉対策眼鏡“ゾフ・プロテクト(ZOFF+PROTECT)”の売り上げが、発売から1週間の初動比較で前年比250%となった。“ゾフ・プロテクト”は、目元のフード部分が着脱可能な新構造の花粉対策眼鏡として昨年特許を取得した。今年はバリエーションを拡大し、新モデル全6型を1月24日に発売した。

 この構造が新型コロナウイルスの目の粘膜からの感染対策に効果があるという理由で、一部の中国人観光客が感染防止の保護眼鏡として買い求めていることが売り上げ増の一因という。インバウンド客が多い東京・原宿店などでまとめ買いがあり、中国の30店舗でも需要が高まっている。価格は7000円で、「ゾフ」の全店、「ゾフ」オンラインストアなどで販売している。

 なお、中国の店舗の営業状況について、高島郷インターメスティック広報・PR室プロデューサーは「上海を中心に展開している30店舗のうち19店舗が休業している。中国の工場も操業を停止しており、今後納期に影響が出ると思う」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。