ファッション

働き方改革時代の眼鏡登場 「ゾフ」が仕事に集中できる視覚環境を作る

 インターメスティックが手掛けるアイウエアブランド「ゾフ(ZOFF)」は、“集中できる環境”を作る眼鏡“ゾフ+集中”を1月17日に発売する。

 働き方改革によりオフィスのフリーアドレス化やノマドワークなど働く場所の選択肢が増える中で、“ゾフ+集中”は勉強や作業に集中できる環境を作ることをコンセプトとしている。ポイントは眼鏡フレームに付けたフードで、これにより真横の余分な視覚情報をカットし、眼球の動きをコントロールする脳の部位である前頭眼野の負荷を軽減する。この仕様は、競争馬が前方に集中するために装着する馬具“ブリンカー”から着想を得て開発されたという。価格は7000円で、国内の「ゾフ」51店舗で販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら