ファッション

「ゾフ」が東京大学発スタートアップ企業エーシーズと業務提携 未来のアイウエアを探る

 アイウエアブランド「ZOFF(ゾフ)」を手掛けるインターメスティックの研究・開発機関ゾフ アイパフォーマンス スタジオ(以下、ZEPS)は、東京大学松尾研究室発のAIスタートアップ企業エーシーズ(ACES)と業務提携した。

 エーシーズは人の行動や感情を検知・解析するヒューマンセンシング技術(行動認識技術)を軸に画像認識アルゴリズムを開発・提供する企業で、ZEPSはこの技術を用いた次世代の眼鏡や接客サービスの開発を目指しており、エーシーズがAI活用の設計から技術開発、運用まで全面的にサポートすることで合意した。

 今後は、目のパフォーマンスや身体能力の向上を目的としたフレームとレンズの開発、光学・デジタル的なアプローチでの研究開発の推進、機械学習・ディープラーニング・IoTなどを利用した生産・流通・販売基盤の構築など、アイウエアビジネスの未来に向けた挑戦を目標としている。

 ZEPSの責任者である逆井浩之インターメスティック事業基盤本部本部長は、「エーシーズのミッション“アルゴリズムで社会はもっとシンプルになる”の通り、“人や社会を主役に考える”姿勢に共感しチームを結成した。眼鏡は結果であって、その向こう側にある社会的な課題やニーズを追究し、センサーとしての“眼”の本質に、妥協せず一緒に探求していく」とコメントした。

 年内にプロトタイプなどを発表し、創業20周年を迎える2021年内に新しい商品とサービス開発の実現を目指している。

最新号紹介

WWD JAPAN

循環型ファッションが2021年のキーワード 記者が選ぶ21アイテム

2021年第1弾となる1月4&11日合併号は、2021年のビジネスキーワードとなる「循環型ファッション」の特集です。今、全世界で大量生産・大量消費・大量廃棄の直線型経済から、リサイクル、再利用、再生産、省資源製品開発、シェアリングなどを通じて資源を循環させる循環型経済への移行が急務になっています。ファッションデザインにおいても“循環型”が重要なキーワードです。従来の形や柄、色、トレンド性などをポイ…

詳細/購入はこちら