ファッション

「ゾフ」が3000円のブルーライトカットコート料金を0円に テレワークの増加に対応

 アイウエアブランド「ゾフ(ZOFF)」を運営するインターメスティックは、スマートフォンやパソコンなどLEDディスプレーから発生するブルーライトをカットするレンズの加工料金を4月29日より従来の3000円から0円にする。

 ブルーライトは疲れ目や視力低下など目の健康への悪影響が懸念されており、アイウエア業界ではブルーライトをカットするレンズを使用したパソコン用眼鏡の販売や、ブルーライトカットコートが定着していた。

 「ゾフ」のブルーライトカットコートは、透明度とカット率を選べる2タイプがあり、薄型非球面や遠近両用などどのレンズにも対応する。

 「ゾフ」は「新型コロナウイルスの影響でテレワークが増え、パソコンの使用時間が増えたという調査データもあり、時流に沿ったサービスだ」としており、ブルーライトカットを“標準装備”としたいという。他社で期間限定やキャンペーンによるブルーライトカットコート無料のサービスはあるが、料金0円を標準化するのは異例だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら