ファッション

AIやVRなど最新デジタル技術を駆使、服とのコーデ提案も 「ジンズ」と「ゾフ」が目論むDX

有料会員限定記事

アイウエアビジネスが、DX(デジタルトランスフォーメーション)を軸に大きく変わろうとしている。アイウエア業界で立ち遅れていたデジタル化の動きを加速しているのはジンズと、「ゾフ(ZOFF)」を手掛けるインターメスティックだ。(この記事はWWDジャパン2020年11月30日号からの抜粋です)

 田中仁ジンズホールディングスCEOは、先ごろオンラインによる決算会見で「新型コロナの影響で、『ジンズ(JINS)』の課題と新たなチャンスが明らかになった。実店舗に依存したビジネスモデルはぜい弱だ。今後は、DXがポイントになる」と語った通り、10月に「ジンズ」の公式アプリまたはLINEで商品選びから決済まで完了できる新サービス“クリック アンド ゴー”をスタート。11月6日、“コンフォートテクノロジー”をコンセプトとする別業態「ジェイ アイウエア ラボ」初の路面店を東京・中目黒にオープンし、デジタル&テクノロジーを取り入れた次世代型戦略を次々と打ち出した。

 また、「ゾフ」のリブランディングを進めるインターメスティックは、研究・開発機関「ゾフ アイパフォーマンス スタジオ」(以下、ZEPS)を新設し、テック企業と業務提携しながら眼鏡開発、店舗作り、接客サービスをこれまでより一歩踏み込んだアプローチで根本的に見直している。創業20周年を迎える来年に向けて、来春をめどに第一弾プロジェクトをお披露目する計画だ。

 “アイウエアはファッションアイテムの1つ”といわれながら、眼鏡店を訪れるハードルはいまだに高いイメージがあり、多くの商品の中から自分に似合う眼鏡選びは一苦労、服とコーディネートしたアイウエアの提案不足など消費者ニーズとの隔たりがある。両社はアイウエアビジネスが抱えるこれらの課題を克服するため、XR(VR/仮想現実やAR/拡張現実などの総称)技術を用いて接客サービスの充実やデジタルコマースとの連動を図るほか、将来的なスマートグラスの開発も視野に入れ、店作りと眼鏡の機能性の両面でアイウエアビジネスの新しい可能性に挑戦している。共通するビジョンは、社会に貢献し、日常生活を豊かにする未来のアイウエアライフの構築だ。

この続きを読むには…
残り1874⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら