ファッション

ジンズが未来の眼鏡店を目指した実験店をオープン 「ミノトール インスト」と共同出店

 ジンズ(JINS)は、“コンフォートテクノロジー”をコンセプトとするアイウエアブランド「ジェイ アイウエア ラボ(J EYEWEAR LAB)」初の路面店を先ごろ東京・中目黒にオープンした。

 「ジェイ アイウエア ラボ」は、2018年にスタートしたハイエンド層向けアイウエアブランド「ジェイ オブ ジンズ(J OF JINS)」をリブランディングしたのもので、最新技術を活用した快適な掛け心地の追求をコンセプトとする。これに伴い今年8月にオフィシャルオンラインストアを立ち上げたほか、FONTが運営するファッションブランド「ミノトール インスト(MINOTAUR INST)」の東京・渋谷のレイヤード ミヤシタパークの店舗でポップアップストアをオープンした。「ジェイ アイウエア ラボ」中目黒店も「ミノトール インスト」との共同出店で、アパレルとコーディネートしたアイウエア選びができることが特徴だ。白を基調とした約50平方メートルの店舗は“ラボとミュージアムの融合”がテーマで、アイウエアとアパレルの商品が約半分づつディスプレーされている。「ジェイ アイウエア ラボ」の旗艦店であり“次世代の試着体験の場”と位置づけた実験店舗とし、今後オンライン・オフラインのシームレスな購入手段の導入、AR(拡張現実)やVR(バーチャル・リアリティー)を活用した眼鏡販売も計画している。

 中屋光晴ジンズJEL事業グループディレクターは、「最新技術を活用した革新的な掛け心地のアイウエアによる快適な生活を提案したい。テクノロジーを生かして快適な日常着を手掛ける『ミノトール インスト』は、当社と同じチャレンジ精神を共有できる最適なパートナーだと思う。ブランドの世界観を体感して、興味を持った商品を体験でき、どこでも購入できる店舗空間をデジタル上に構築したい」と話した。

 同店では、アメリカのカーボン(CARBON)社が手掛ける3Dプリンタを使用して共同開発した高機能サングラス「ニューロン フォーディー(NEURON 4D)」(2万8000~3万円)、3Dプリンタ技術によるオリジナルのノーズパッドカバー「シナプス フォーディー(SYNAPSE 4D)」(3000円)などを販売している。また、「ニューロン フォーディー」と「ミノトール インスト」とのコラボ商品(3万2000円)も販売する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら