ファッション

テコの原理で目も鼻もストレスフリー 「ジンズ」が鼻パッドをなくした新機構フレーム発売

 アイウエア企業ジンズ(JINS)は、鼻パッドをなくしたブルーライトカット眼鏡「ジンズ スクリーン ノーズ パッドレス(JINS SCREEN NOSE PADLESS)」を10月15日に「ジンズ」の一部店舗と公式オンラインショップで発売する。

 「鼻の部分が重く気になる」「鼻に跡が残る」「メイクがとれてしまう」など鼻パッドに関わる悩みを解消するため、独自に開発した新機構“シーソーパーツ”が特徴だ。これはテコの原理のように作用するシーソーのようなパーツをテンプルに付けることで頭部にフィットさせ、鼻パッドがなくても眼鏡がずれ落ちることを防ぐというものだ。“シーソーパーツ”はテンプルのシルエットに収まるように設計されており、横から見てもパーツが目立たず、見た目の自然さも実現した。ブルーライトカット率40%のレンズと組み合わせることにより、パソコンを長時間使用する新型コロナウイルス下の在宅勤務にも最適だ。

 「ジンズ スクリーン ノーズ パッドレス」は、「2020年グッドデザイン賞」において「グッドデザイン・ベスト100」を受賞した。価格は5000円(度付きレンズ交換不可)。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら