ファッション

「ドゥーズィエム クラス」が元「ギンザ」編集長と組んで20-21年秋冬のウェブマガジンを製作

 ベイクルーズグループのウィメンズブランド「ドゥーズィエム クラス(DEUXIEME CLASSE)」は、元「ギンザ(GINZA)」編集長で現在は「アウウマガジン(AWW MAGAZINE)」を手掛ける河田紗弥や、スタイリストの井伊百合子などと組んで2020-21年秋冬のウェブマガジンを製作した。10月1日から公開しており、マガジンから直接ECサイトに飛べるようになっている。

 同ブランドはこれまで、毎シーズン冊子のカタログを製作してきた。「ウェブ時代だが、カタログならではの“読み物”が『ドゥーズィエム クラス』のお客さまには支持されてきた」(広報担当者)というが、コロナ禍によってEC利用客が増加していることを受け、今季はウェブマガジン形式のカタログに切り替えた。

 ワークスタイル、リラックススタイル、ジュエリー・アクセサリー、シューズ・バッグの4カテゴリーで構成。店頭投入とマガジン公開の時期をできるだけ合わせて、すぐにECサイトで買えるようにした。河田、井伊のほか、前田昌伸がアートディレクターとして参加している。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら