ファッション

ポジショニングマップ、やめませんか?

有料会員限定記事

 ファッション業界に足を突っ込んで10数年。駆け出し記者のころから若干の違和感を覚えつつも、「これがマーケティングというものなんだ」と自分を納得させ、でもやっぱりなんだか変だと思い続けてきたものがある。新ブランド発表などの際に手渡されるグラフのような資料のこと。そう、ブランドのポジショニングマップだ。(この記事はWWDジャパン2019年12月9日号からの抜粋です)

 ポジショニングマップというのは、価格の高低やコンサバかカジュアルかといったテイストの度合い、出店先立地などをタテ軸、ヨコ軸で表現した資料。その中にブランド名を当てはめることで、ブランドの立ち位置を分かりやすく説明するものだ。ああ、あれのことか、と思う人も多いだろう。ブランドを新たに立ち上げる際に、その市場性を担保するために、他社の競合ブランドを書き込んだポジショニングマップを作成することは非常に多い。

この続きを読むには…
残り1702⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら