ファッション

【ビジネスリポート先行公開】ルミネ新宿の好調ショップは? SNSの発信と商品の戦略合致がカギ(2022年上半期)

有料会員限定記事

 国内有数のトラフィックを誇るJR新宿駅に直結し、大手セレクトからパーソナライズサプリまで現代的なライフスタイルを広く扱うのがルミネ新宿だ。コロナ禍を経て、各ショップのイベント開催などを後押しし、さらなる集客と顧客化を図っている。草薙恵美子ルミネ常務取締役新宿店長に聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2022年8月29日号付録ビジネスリポートの先行公開です)

WWD:2022年上半期を振り返ると?

草薙:6カ月累計で予算比2%増。2、3月と、5、6月は予算をクリアした。6カ月間の前年同期比は28%増。過去最高の売り上げだった2018年との比較で9割弱まで戻っているので、堅調に推移しているととらえている。特に2月は、春の立ち上げのキャンペーン「“IT’S NEW” WEEK」に合わせて、予約販売や先行販売、インフルエンサーやブランドのディレクターを招いたイベントなどを開催し、プロパー販売を強化して、高い実績を得た。4、5月は、上海のロックダウンで納期が遅れたブランドが多く、4月は全般的に厳しい状況だったが、後半にかけてGW需要もあり、徐々に遠方からの来店や旅行に向けてのアイテムが動いた。6月はプレセールが主体になるが、商品遅延の問題から対象品番を縮小し、開催を後ろ倒ししたショップが多かった。各ショップ、プレセールをフックにプロパー販売の強化を図り、売り上げにつなげていた。

WWD:特に好調なショップは?

この続きを読むには…
残り2188⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介