ファッション
連載 ビジネスリポート

【ビジネスリポート先行公開】Z世代のニーズをつかむ渋谷109 「体験からの逆算」消費が新常識(2022年上半期)

有料会員限定記事

 渋谷を象徴するファッションビルとして、SNSを中心とした若者の購買行動に積極的にアプローチするのが渋谷109だ。4月には、館にSNSチームを新設。より売り場に沿ったプロモーション企画やSNS運用で、Z世代のニーズをつかむ。渋谷109の購買のキーワードとなっている「体験からの逆算で楽しむファッション」とは?SHIBUYA109エンタテイメントの丸山康太SHIBUYA109渋谷店総支配人に聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2022年8月29日号付録ビジネスリポートの先行公開です)

WWD:2022年上半期を振り返ると?

丸山:1~3月前半は、第6波の影響が非常に大きく、売り上げも入館者数も厳しかった。感染者数が落ち着いてきた3月中旬からは、春休み期間で館全体が盛り上がり、各店舗でさまざまな打ち出しもできた。4月末のGWからは2年ぶりに通常営業を再開するなど、徐々に回復してきた。22年1~6月の入館者数は、前年同期比で65%増だったが、19年比でいうと30%減。売り上げも前年同期比で51%増と伸びてはいるが、19年比では32%減だ。ただ、19年は館の40周年や改元に伴う10連休などがあり、過去最高の入館者数を達成した年との比較になるため、他社よりも数値が低めに出ているかもしれない。

WWD:この結果をどう見る?

丸山:都心部でコロナの感染者数が増えると、ニュースでは渋谷の街が取り上げられる。そういった中で渋谷109は苦戦はしつつも健闘したと捉えている。予算も取れている。

この続きを読むには…
残り1805⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。