ファッション

「渋谷109」が本気のメタバース参入 その狙いと真意を石川社長に直撃

有料会員限定記事

 ファッションビル「渋谷109」は3月、大手ブロックチェーンゲームプラットフォームのザ・サンドボックス(THE SANDBOX)との提携を発表した。「渋谷109」は、ザ・サンドボックス内に専用の土地と建物「SHIBUYA109 LAND」を開設し、ここを拠点にオリジナルのNFTやミニゲーム、広告事業などを展開する。

 香港に本社を置くザ・サンドボックスは、世界で4000万ユーザーを抱える、急成長中のゲームのプラットフォームだ。ブロックチェーンを基盤としているため、ゲーム内では独自の仮想通貨でアイテムなどが販売できることもあって、有力なメタバースプラットフォームの一つとしても注目を集める。昨年11月にはソフトバンク系の投資ファンドであるソフトバンクビジョンから9300万ドル(約110億円)の出資を集めたことでも知られる。3Dのバーチャルプラットフォームという意味では、すでに「レヴ ワールズ」を展開する三越伊勢丹ホールディングスも先行しているが、今回「渋谷109」は、ブロックチェーンやNFTと連動したウェブスリー(WEB3.0)をベースとした試みになる。渋谷109という、世界的にもメジャーなリアル空間での物販をベースにしてきた従来の事業とは全く異なる手法、考え方、ビジネスモデルの取り組みをどう進めるのか。

 NTTドコモ、KADOKAWAというコンテンツビジネスを経験し、商業デベロッパーとしては異色の経歴を持つ「渋谷109」を運営するSHIBUYA109エンタテイメントの石川あゆみ社長に聞いた。

WWDJAPAN:今回の提携の狙いは?

石川あゆみ社長(以下、石川):コロナ禍に見舞われたこの2年、ファッションビルや駅ビルなどの都心の大型商業施設は非常に苦しい状況に置かれてきた。特に「渋谷109」はECサイトも閉じていたし、これまで少なくなかったインバウンドも消失した。リアル(な空間)に依存したビジネスの苦しみを味わってきた。昨年4月に社長に着任して、リアルに依存せず、「渋谷109」を楽しめる場所や体験をどう構築するかだった。

WWD:しかし物販を目的としないメタバースは飛躍があるようにも思うが。

石川:もともと「渋谷109」は脱ギャルなどと並行して、この数年、“いまここ”でしか味わえない“体験型消費”とも言うべきコンセプトを軸に、ライブや飲食、イベントなどの様々な施策を行ってきた。加えて、「渋谷109」には、リアル空間と紐付いて生まれる売り上げ以上に認知度や知名度のあるIP(知的財産)的な価値が高い。体験型のエンタメと付加価値の高いIP、この2つを生かす、という意味ではメタバースと非常に相性が良かった。

この続きを読むには…
残り1288⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。