ファッション
連載 ビジネスリポート

【ビジネスリポート先行公開】渋谷パルコで好調だったショップは? 初のGWに大きな手応え(2022年上半期)

有料会員限定記事

 劇場やミュージアムを抱え、全館のあちこちでイベントやポップアップを連打。ファッションやビューティだけでなく、カテゴリーの垣根を越えて、さまざまなカルチャーに出合えるのが、渋谷パルコだ。独自でコンテンツを作りSNSで発信するほか、越境ライブコマースも実施。初のGW商戦は大きな手応えを得たようだ。3月から現職を務める塩山将人パルコ渋谷店店長に上半期の商況について聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2022年8月29日号付録ビジネスリポートの先行公開です)

WWD:2022年上半期を振り返ると?

塩山:1〜6月で全月前年をクリアしているが、3〜6月は累計で前年同期比50%増だった。GWが特に盛り上がった。19年11月に開業して、すぐにコロナ禍に入り、初めてGWに店を開けたが、ゲームやキャラクター、マンガ等のコンテンツを集積したデジタル✕サブカルチャーのフロア6階に地方からのお客さまも押し寄せ、入場列が夕方4時過ぎまで続くほど。渋谷パルコはタレントが買い物に来ることが多く、“聖地化”していることもあって、感度の高いお客さまの大人買いが多いのが特徴。シャワー効果も大きく、下層階のブランドと買い回りする人も少なくない。コア層とマス層が混ざり合ったときに、いい化学反応が起きるなと思った。次の山となる夏休みに向けての課題も見えた。

WWD:ファッションで特に好調だったショップは?

この続きを読むには…
残り1413⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。