ファッション

ドゥーズィエム クラス22年春夏 ファッションだけでなくライフスタイル全般を豊かに

 ドゥーズィエム クラス(DEUXIEME CLASSE、以下ドゥー)の2022年春夏は、「あったらいい」ではなく、「絶対欲しい」を作ることを念頭に置き、定番品のリピートを減らして新型や新色アイテムを拡充した。顧客はコロナ禍を経て、これまでよりも必要なアイテムを厳選し、商品への納得感を強く求めるようになっているという。定番アイテムの訴求を得意とする同ブランドだが、「定番だけを追いかけていてはお客さまを裏切ってしまう」と広報担当は話す。

 シーズンテーマは「BEAUTIFUL LIFE」。「女性らしさを引き出す色」として提案を続けてきたネイビーのアイテム群と共に、ターコイズブルーやピンクなどのビビットカラーのアイテムや、「大人の女性のドラマチックなオンスタイル」の象徴としてスカートを充実させる。定番のボーダー柄カットソーは、素材をニットに置き換え、柄のピッチにもこだわり、カジュアルになり過ぎないようにする。ツイードジャケットは丈を短く修正し、ジーンズや古着テイストのTシャツなどカジュアルなアイテムと合わせてもらう。

 強化しているスカートは、日常でも特別なシーンでも着られることを意識して、タイトやフレアなどのシルエットや透け感のある素材をそろえた。シアー素材のトップスやワンショルダーのトップスも強化し、手持ちのジャケットと合わせて今季らしい肌見せスタイルにアップデートしてもらう。レッドやピンク、グリーンなどのビビットなカラーは、カラーパンツとカラーシャツを大胆に掛け合わせるスタイリングを提案する。

 コロナ禍による生活様式の変化を受けて、顧客やスタッフの間でも、ファッッション以外のさまざまなことに興味の幅が広がり、ライフスタイルを見直したいという欲求が高まっているという。青山の路面店を中心にライフスタイル全般を豊かにするための参加型のイベントを計画中だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら