ファッション

日常的に使える、くびれすぎない“微マーメイドスカート”に注目【21-22年秋冬トレンド】

 名前の通り、人魚姫をイメージした“マーメイドスカート”は、流れ落ちるシルエットが魅力のアイテム。すっきりとしたタイトスカートと、ロマンチックなフレアスカートのいいとこ取りで、砂時計のような美しいくびれが叶います。これまでフェミニンでドレッシーなイメージが強かったですが、新タイプの“マーメイドスカート”は細さやくびれが控えめなのでシーンを選ばず、日常のスタイリングに落とし込みやすくなってきました。

 「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」は、ニットアップにマーメイドスカートを取り入れた装いを提案しました。チェス盤柄をグラフィカルに変形させたモチーフが、ダイナミックな曲線的なシルエットを描き出します。足元はぽってりしたブーツでムードをずらしました。今回は、マーメイド風シルエットのスカートをピックアップ。従来よりくびれが控えめの“微マーメイド”など、冬からの春に向けた着こなしプランをご紹介します。

マニッシュなジャケットと合わせてフェミニンなムードを軽減

 従来のマーメイドスカートは薄手のロング丈が主流でしたが、近ごろは選択肢が広がってきました。しっかりした厚手の生地や、膝下丈のレングスだと裾がヒラヒラしないので、シックに着こなせます。

 「フォトコピュー(PHOTOCOPIEU)」のスカートは、張り感のある素材で、ミモレ丈に仕立てました。ブラウンの穏やかな色合いが、落ち着いた印象を与えます。ざっくりしたジャケットを羽織って、モダンなたたずまいに整えました。ジャケットとの組み合わせは、フェミニンさを軽減する新手のスタイリングです。

ツートーン×落ち感のあるレイヤードでシルエットにめりはり

 古典的なマーメイドスカートは、膝のあたりでいったんくびれるのがお約束のシルエットでした。でも実は、膝から下にドレープを加えても、同じような効果を引き出せます。膝の絞りがない分、動きやすさもキープできて、裾も広がりすぎません。

 「ルリ(RURI.W)」のスカートは、優美なドレープが裾を躍らせています。布の陰影が出て、流れるような落ち感も生まれました。裾が広がりすぎない分、ノーブルな雰囲気に。ベスト風の羽織り物を重ねて、“白×黒”のめりはりあるコントラストを演出。タートルネックのニットトップスで縦長イメージをアップしつつ、足元はごつめブーツでタフにキメました。

ハイウエストとロング丈で流麗エレガンスに

 正統派のマーメイドスカートは、流れ落ちるようなしなやかシルエットが魅力です。細さが引き立つのは、膝でしっかりくびれるから。エレガントなムードのスタイリングに向いています。脚を隠すロング丈は、年間を通して重宝するスカートです。

 裾に向かうフレアを生かして、きれいめのコーディネートに整えたのは「ミ ヴァコンス(MES VACANCES)」。幅たっぷりのタック使いがきちんと感を際立たせ、凛としたムードに仕上げました。ロング丈の相乗効果も効いて、一段と流麗な着映えに。ブラウスをウエストインして、主役のスカートに視線を集めるスタイリングが冴えています。

裾だけフリルで控えめなロマンチック

 膝ゾーンで目立った絞りを加えず、裾のフリルやティアード(段々)、切り替えなどで動きを出す“微マーメイド”も増えてきました。ディテールが控えめなので、さまざまなシーンで着回しやすいタイプです。

 「ルプコ(RPKO)」のスカートは、裾にだけフリルをあしらったデザイン。トップスをウエストインしてコンパクトにまとめ、ブーツも同系色で合わせることで、いっそうすっきりした縦長のイメージが強まりました。

 マーメイドスカートはしなやかなレッグラインを印象づけやすいので、かさばりやすいアウターが多い冬にこそ、味方につけたいボトムスです。適度な主張と程よい華やかさを演出できるのも強み。スタイリングが手軽にキマるのは、慌ただしい年明けに便利です。バリエーションが増えてきた“微マーメイド”なら、着こなしの幅も広い分、新年のおしゃれに取り入れてみる価値ありです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら