ファッション

ロングブーツの最旬コーデは、ミニ丈・スリット・ブーツイン!【2021-22年秋冬トレンド】

 ロングブーツが本格的にヒットしています。ようやく街歩きが楽しめるようになり、海外のストリートスナップでは、ファッショニスタやセレブがいち早く新コーディネートを披露。復活がめざましいミニ丈ボトムスにロングブーツを合わせて、ロングコートを重ねる“長短レイヤード”は、素足の見え具合をうまくコントロールできるスタイリングです。ほかにも、ミニ丈との組み合わせや、スリットからさりげなくのぞかせるテクニック、ブーツインの3タイプに新たなスタイリングが登場。着こなしバリエーションが増え、冬のおしゃれの選択肢が広がりそうです。

Z世代から圧倒的支持 “ミニ×ロングブーツ”

 久々に復活したミニ丈のボトムスとロングブーツの組み合わせは、“短×長”のリズミカルなコンビネーション。ただ、ミニ丈はガーリー感が出やすいので、大人がまとう際には“ひと工夫”加えたくなります。賢いアレンジの一例は、ジャケットオンです。

 1枚目の写真は、勢いづいている90年代ムードを思わせる、ダブルブレストのジャケットをワンピースのように着こなしています。あえて前を開けて、マニッシュなジャケットをラフなムードでオン。ミニ丈のボトムスはジャケットでほとんど隠し、黒ストッキング×黒ブーツでクールにキメています。黒のタートルネックで上半身を引き締めたのも正解です。

 2000年頃に流行したファッションをリバイバルした“Y2K(Year 2000)ファッション”がZ世代を中心にブームを呼んでいます。ショート丈のトップスでのチラ腹見せや、ミニ丈のボトムス、ローライズ、ケミカル系カラーなどが特徴で、ロングブーツとも好相性です。

 2枚目の写真は、“Y2Kファッション”のお手本的なスタイリング。クロップド丈のトップスとミニスカートで、若々しくキュートに仕上げました。足元にロングブーツを迎えて、レッグラインを伸びやかに演出。ミニ丈のボトムスの場合、脚の露出が目立ちますが、ロングブーツでカバーすれば、セクシーさをセーブできるのも人気の理由です。

スリットからブーツをチラ見せ ほんのりセクシーが今季流

 Y2Kの流れで、深めのスリットが盛り上がっています。隙間からロングブーツをのぞかせる小技は、スリットを生かした着こなしとして効果的です。

 今季は、長袖のニットトップスにキャミソールドレスを重ねた、新タイプのレイヤードルックが浮上。フリルがトリミングされ、甘い雰囲気が漂いますが、膝上まで入った深いスリットがほのかな色気を漂わせています。そのスリットからロングブーツと素肌をダブルでのぞかせて、ヘルシーさとタフさを印象づけました。

 さらに、タイツとブーツが一体化したようなデザインのロングブーツもお目見え。スリットからのぞくシャープなレッグラインが印象的です。

 2枚目の写真は、ワンピースの中央に入ったスリットから、ストレッチの効いた「MARINE SERRE(マリーン セル)」のブーツをのぞかせています。アイコニックな“三日月”モチーフのロゴで埋め尽くされたブーツが躍動感を与えます。さらに、トップスには別のロゴを合わせた、計算ずくのコーディネート。オーバーサイズのアウターがボリュームを強調することで、ブーツのスリムさが際立ち、めりはりも文句なしです。

“ブーツイン”でクールな足元に 凜々しいタフレディーを演出

 パンツとの組み合わせでは、裾をブーツに収める“ブーツイン”も選択肢に加えたいところ。足首をひときわスレンダーに見せられるので、着ぶくれが気になる冬にこそ使いこなしたいアレンジです。

 1枚目は、ミリタリー風のパンツの裾を、膝まで届くロングブーツにイン。パンツの表情と相まって、いっそうクールでタフなイメージが強まりました。ジャケットも肩が張り出した、ハードなシルエットをチョイス。ブーツとシンクロさせて、マニッシュなムードを濃くしています。

 ロングブーツのインパクトを生かして、装いのムードチェンジャーに起用するのも試したいスタイリングです。きちんと感のあるパンツスーツの裾をブーツインすれば、印象が様変わりします。

 2枚目の写真は、細かいチェック柄のシックなパンツスーツを着用していますが、パンツの裾をロングブーツにインして、膝から下は凜々しい印象に。このように、お仕事仕様のパンツスーツも、ロングブーツにインすることでムードが一新。着回しのレパートリーがぐっと広がります。

 ロングブーツを生かした着こなしは、コーディネート次第で見た目の印象も変わり、バリエーションは豊富にあります。ミニ丈のボトムスやスリット服、マニッシュなパンツなどのコンビネーションに生かせば、ブーツ一つで多彩なアレンジが楽しめそう。この冬は、ロングブーツを使ってスタイリングの幅を広げてみましょう!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら