ファッション

“セットアップ”コーデが変化! 注目は総柄デザイン

 上下がそろった“セットアップ”の人気が止まりません。支持される理由は、素材や色が統一されているので、きれいにまとまるうえ、コーディネートを考える手間がいらないから。そんな中、秋に向けて有力ブランドから相次いで打ち出されているのは、総柄のセットアップ。モチーフの選び方次第で、異なるイメージをまとえそう。気分を上げたいならカラフルな柄、シャープに見せたいなら幾何学柄、落ち着いた気分でまといたいならチェック柄など、バリエーションもさまざま。シルエットや素材の提案も豊富で、セットアップは新たなステージに入ったようです。

 「ヴェルサーチェ(VERSACE)」のパンツのセットアップは、レザーとアイコニックなグレカモチーフをドッキングした変形のライダースジャケットが目を引きます。モチーフの配置も、全体に均等ではなく、襟の折り返しや袖の内側など、ディテールに凝った仕掛け。円筒形バッグも同じモチーフでそろえて、グラマラスな印象に。クラシカルでありながら、どこか近未来的な雰囲気も漂っています。今回は、2021-22年秋冬コレクションから、最新の柄セットアップをピックアップしました。

シャツ×パンツ 大ぶりの柄でアートライクに

 

 ルールがはっきりしたパンツスーツに比べ、トップスとパンツのセットアップは表現が自由で多彩。スーツの場合は、正統派のジャケットが相棒ですが、セットアップであれば、シャツやブルゾン、ベストなども上半身に迎えることができます。

 「コルヴィル(COLVILLE)」のパンツのセットアップは、着丈が長いチュニック風のシャツとのコンビネーション。大ぶりの柄を生かした、アートライクなスタイリングに仕上がっています。ジャケットよりも軽快に見えるのが、シャツとのセットアップの持ち味。大ぶりな花柄でロマンチックなムードを醸し出す一方、3色のトリコロールでまとめたストライプ&ボーダー柄でシャープな印象も強めています。

コート×パンツ マルチカラー・柄を生かした“ずらし技”

 セットアップの解釈が広がり、コート×ボトムスのセットアップもお目見え。コートならではの着丈の長さが生きて、落ち感を帯びた印象に仕上がるのは、この組み合わせのいいところです。無地と比べて、柄ならではの華やかさがあるのもメリットです。

 「ヴィクトリア ベッカム(VICTORIA BECKHAM)」は色鮮やかなフラワーモチーフのコートとパンツのセットアップを披露しました。同じ柄でも、ベースカラーをコートはパウダーブルー、パンツはパウダーピンクとずらすことで、かっちりした印象を遠ざけ、ニュアンスのある着こなしに。トレンドの大襟や裾広がりのパンツが装いにめりはりをもたらしています。さらに、トップスにムードの違うチェック柄を取り入れて、多様な柄ミックスに仕上げました。

プルオーバー×スカート 自然界のモチーフで和やかなムードを演出

 プルオーバーをセットアップに取り入れれば、伸びやかなムードを呼び込めます。上半身がコンパクトにまとまる分、たっぷりとしたボリュームのボトムスを迎えるのが、コントラストを際立たせるコツです。

 たくさんの鳥モチーフをセットアップに配したのは、柄使いに定評のある「ケンゾー(KENZO)」。大空を自由に舞う鳥たちは、開放的な気分を誘うモチーフです。鳥柄をちりばめたプルオーバーと、ふわりとしたシルエットが魅力の3段のティアードスカートで、ナチュラルなムードを演出しています。

ニットアップ ハンドメイドのモチーフでレトロな気分に

 ニット素材のセットアップは“ニットアップ”と呼ばれ、日本でも人気が広がってきました。優しげな質感に加え、ニットならではの楽な着心地もニットアップが支持される理由です。

 「ガブリエラ ハースト(GABRIELA HEARST)」は、立体的なフラワーモチーフをあちこちに配したニットアップを提案しました。ハンドメイドの愛くるしいかぎ針編みの花モチーフがポイントで、ニット特有のソフトな風合いとノスタルジックな花柄が見事に調和しています。不ぞろいに散らした花柄のレイアウトが、リラクシングな雰囲気を演出。ほのかにビンテージなムードも漂うニットアップスタイルが生まれました。

ブルゾン×ミニスカート きちんと感とキュートさが同居

 ミニスカートを取り入れたセットアップは、キュートで小気味よいスタイリングに整います。ミニはブルゾンとも好バランスなので、ミニ復活の流れに乗りやすい、トレンド感の高い組み合わせです。

 「ディースクエアード(DSQUARED2)」が提案したのは、英国調のチェック柄を全体にあしらった、コンパクトなブルゾンとミニスカートのセットアップ。ブルゾンに施されたトリミングが動きを添えています。白の柄入りタイツにソックスを重ねばきして、レッグラインをアピール。ブルゾンの内側から真っ赤なハイネックのニットトップスをのぞかせて、差し色もプラスしています。チェック柄のセットアップで視線を体の中央に集めて、存在感を引き立てました。

 無地が多いスーツに対して、セットアップは柄で遊べるのも魅力の一つ。柄入りのセットアップは、統一感が出せる一方、かしこまって見えにくいため、出番を選びません。秋冬のルックにドラマチックな印象を添えて、コーディネートを弾ませてくれそうです。さらに単品使いもできるから、重宝することこの上なし。メリットが多い柄入りセットアップを、秋からの着こなしに加えてみては。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら