ファッション

今夏攻めたい色はグリーン! ワザありな着こなしで差をつける

 街の装いにグリーンを見かける機会が増えてきました。緑は植物のイメージもあり、人々の気持ちを穏やかにさせてくれる色。昨今重要視されている、サステナビリティの時代感にもマッチしています。

 海外では数年前から徐々に見られていたグリーンルックですが、今季ヒットを呼び込んだのが、「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」の2021年春コレクション。芝生をまとったかのような、印象的なグラスグリーンのルックが火付け役に。森や草原の中にいるような開放感も得られるので、コロナ禍で制約が多いニューノーマル時代の今、気分をリフレッシュさせるのに一役買ってくれそうです。真夏に向かってさらに盛り上がりを見せているだけに、今回は人とかぶらない“ひと工夫あり”なグリーンルックの着こなしをここ数年の海外スナップから紹介します。

レースやフリルを生かした“グリーン×ピンク”のフラワーコーデ

 グリーンの魅力はやはり、ポジティブでヘルシーなイメージを醸し出してくれるところ。花柄のレースやフリルといった、フェミニンなディテールのトップスを選べば、控えめなロマンティックをミックスできます。咲き誇る花々のようなピンクとのカラーコンビネーションは相性抜群です。

 花柄モチーフがあしらわれたレーシーなブラウスは、グリーンならではのナチュラルな印象が甘いムードを抑えています。ボトムスには淡いピンクのタイダイデニムを合わせてバイカラーのコーディネートに仕上げました。黄緑系のジャケットを肩落としでショール風に羽織り、マゼンタピンクのミニバッグで色の濃淡を演出。靴もブラウスと同じトーンのグリーンで合わせて、全体のバランスを整えました。

 フリルをはじめとする布の起伏を生かしたディテールは、グリーンに陰影をもたらします。2枚目の襟やフロント、袖先にフリルを細やかに盛り込んだブラウスは、フリルが生み出す陰影のおかげで装いに深みが加わっています。バッグはモスグリーンで合わせ、濃淡の違いを際立たせました。パウダーピンクのタイトスカートで、グリーンを生かしたレディーライクなロマンチックスタイリングに仕上げています。

同系色コーデは柄物投入でリズミカルな印象を演出

 同系色でまとめる“ワントーン”コーディネートも人気が続いています。全身をグリーンルックでまとめる場合、印象が強くなりすぎるきらいがあるので、柄物と組み合わせることで少し動きを加えてあげると、自然な見え具合に整います。

 写真1枚目は、ロング丈のシャツワンピースを、マキシ丈のワイドパンツとレイヤード。“ロング×ロング”の相乗効果で、縦長の印象がアップしています。千鳥格子風のグラフィカルなワンピースと小ぶりなチェック柄のパンツを合わせることで、モチーフが響き合うプレイフルなムードに。涼しげなグリーンとクリーンな白地の交差が効いて、夏らしい爽やかな雰囲気が備わりました。

 無地と柄のウエアをミックスする選択肢もあります。2枚目の写真は、濃いグリーンのトップス&ジャケットに、淡い総柄パンツを合わせました。上下で濃淡がくっきり分かれて、装いにめりはりが生まれています。スニーカーはネオングリーンで軽やかな印象に。広い意味での“オールグリーン”ですが、淡いトーンのモチーフパンツが全体のムードを穏やかにまとめています。

バイカラーでグリーンの表情を引き出す

 植物のイメージが強いグリーンは、意外にも色合わせの懐が深いカラーです。ピンクやイエローといった、インパクトが強い色とのコンビネーションは、思いがけない相性を発揮してくれます。

 グリーンを上手に操るコツの一つは“バイカラー”。色数を増やしすぎなければ、強い色同士でもうまくなじんでくれます。写真1枚目は、マゼンタピンクのワンピースに、ネオンカラーのグリーンジャケットをオン。主張が強い色同士の組み合わせですが、不思議と喧嘩せず、むしろ互いを引き立て合っています。たとえるなら、“花(ピンク)と葉っぱ(グリーン)”。足元はスニーカーでずれ感を添えるのがポイントです。

 相性の幅が広いグリーンは、同じナチュラル系の色とは無理なくなじみます。2枚目の写真では、明るいグリーンのパンツに、ライトイエローのジャケットを重ねました。フレッシュなグリーンとビタミンカラーのイエローの組み合わせは、元気な印象を与えてくれます。足元もイエロー系でまとめて、夏にふさわしいポジティブなムードを強めました。

 今後も人気が続きそうなグリーンは、人とかぶりにくい、ひと工夫加えたワザありな着こなしを試したいもの。トレンドの袖コンシャスや大襟のトップスを生かす手もありです。ナチュラルなイメージに導いてくれる色だけに、気負わないムードのスタイリングに役立ててみてはいかがでしょう。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら