ファッション

パンツの裾に異変あり 靴のひもを巻きつける新技が登場

 パンツの裾に異変が生じています。ハーレムパンツやジョッパーズなどの人気がじわじわと浸透する中、パンツの裾に靴ひもやストラップを巻き付けるトリッキーな小技を好む人が増えてきました。よく見かけるのは、足首に巻くサンダルのストラップをパンツの上からぐるぐると巻き付けるスタイル。他にも、靴ひもや共布ベルト、リボンを巻くバリエーションも登場しています。足首を引き締めつつ、動きを加えるアイデアが足元にウィットを添えてくれます。

 写真は、ジョガーパンツの上からシューレースを無造作に巻き付けたスタイル。ジャスト裾ラインより少し上で絞ると、裾が遊んでスレンダーな印象に。チャンキーヒールとのコンビネーションが生きて、ジョガーパンツにフェミニンさが備わりました。今回はパンツの裾を絞るアレンジ技をご紹介します。

足首をほっそり見せるサンダルのストラップ巻き

 サンダルといえば、サマールックの“お約束”アイテムですが、本来足首に巻くストラップをあえてパンツの上から巻き付ければ、印象が様変わりします。

 オールブラックの装いを提案した「アイレネ(IRENE)」。シンプルな黒コーデに、“足首ぐるぐる巻き”で意外な動きを添えました。ゆったりとした黒パンツを途中で絞ることで、足首にかけて再び広がるハーレムパンツ風のシルエットに。また、“足首ぐるぐる巻き”は、裾が遊ぶのを防ぎ、足さばきが軽快になる実用的なメリットもあります。足首が引き締まって映るおまけ付きです。

 2枚目の「キコ コスタディノフ(KIKO KOSTADINOV)」も、すっきりしたトップスとパンツのセットアップ。センタープレスのきれいめパンツと優美なポインテッドトーのコンビネーションに、“足首ぐるぐる巻き”がリズムをプラス。巻き付ける高さを左右で少しずらすと、さらに動きのあるアシンメトリーなスタイリングに仕上がります。

共布ベルトで裾絞り 足さばきも軽やかに

 パンツの裾に絞りを加えたデザインも登場しています。共布ベルトを使うことで、絞り部分が目立ちすぎず、自然にまとまります。

 ラップパンツ風のシルエットが印象的な「ローベリーテ アンド シーオー(ROBELITE & CO.)」は、ゆったりとしたパンツの裾を絞ることで、ハーレムパンツのようなスタイリングに。裾が遊びすぎず、動きやすいのも魅力です。

 パンツの裾にスリットが入ったタイプはよく見かけるようになりましたが、“足首ぐるぐる巻き”のアレンジを取り入れれば、さらに視線を引き込む効果を発揮します。2枚目の「スエサダ(SUESADA)」は、深いブルーのアウターとパンツのセットアップ。留め具付きの裾ベルトがポイントで、裾をスリットの下で絞ることで程よい肌見せも演出できます。ベルトを外すとスリットが広がり、フレアなシルエットにスイッチ。気分次第ではき分けができる、重宝したいディテールです。

ボーダーTシャツにスパイス リボンやドローコードでインパクト

 ありきたりなカジュアルな装いにスパイスを加えるうえでも、裾を絞る小技は役に立ちます。

 「ジェイシーエム(J.C.M)」は、サイドラインが入ったジャージーパンツの裾をリボンで絞りました。マリン調のボーダーTシャツとも好相性で、白リボンがキュートに足首の引き締め効果を発揮しています。

 裾にドローコードを仕込んだパンツなら、手軽に裾を絞るスタイリングに挑戦できます。2枚目の「フィル ザ ビル(FILL THE BILL)」は、爽やかなボーダーTシャツにニッカボッカ風のパンツの裾をドローコードで絞りました。ウエストもドローコード式なので、遊ばせたコードの端が上下で響き合い、リラックスした表情を生んでいます。着心地が楽なうえに足さばきがいいパンツは、この夏出番が多くなりそうです。

 靴のストラップを、パンツの上から巻き付けたり、パンツに付属の裾ベルトで絞ったりと、選べるバリエーションはさまざま。手持ちのベルトやリボンでも代用できるので、いつものパンツルックにマンネリムードを感じたら、とりあえずパンツの裾を絞ってみてはいかが。

ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター 宮田理江:
多彩なメディアでコレクショントレンド情報、着こなし解説、映画×ファッションまで幅広く発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かし、自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら