ファッション

脱ハードの“デニム on デニム” 今年らしく着こなす5つの選択肢

 1970年代ファッションのリバイバルもあり、上下デニムの“デニム on デニム”が再び盛り上がってきました。ハードルが高いと思われがちですが、スタイリング次第で自分好みに着こなせます。今年流は、タフさやストリート感を抑えた、しなやかでリラクシングな“脱ハード”路線です。

 キーアイテムは、シャツ、ジャケット(Gジャン)、パンツの3点。写真のようなジャケットとシャツの“いいとこ取り”をしたようなシルエットも登場しています。“ナチュラル”や“ヘルシー”がトレンドの中、かつてのヒッピー気分を漂わせる“デニムonデニム”は休日の装いにもぴったり。今回は、自在に着こなす上で役立つ、5つの選択肢を紹介します。

ポイントは白ブーツ 色落ちでさわやかに

 色落ち加工を強めに施したタイプなら、軽やかな見た目に仕上がります。しっかりブリーチされたアイスウオッシュのデニムは、夏らしいウォーターカラーをまとえる色味。上下セットアップで着れば、さわやかなイメージに。オーバーサイズのシャツはしなやかな生地感で、まるでチュニックのよう。決め手はトレンドの白ブーツ。これだけで今年らしく決まります。さらに、チェーンバッグでデニムルックを格上げしています。

サングラスやミニバッグでセレブの休日風に

 だぼっとしたシルエットのオーバーサイズデニムは、くつろいだムードのアイテム。ややストリート感が強くなりがちですが、添える小物次第で大人っぽく整えられます。

 アイスウオッシュデニムの上下コンビネーションは、どちらもオーバーサイズなので、いっそうイージーな装い。ラフな印象を抑えられたのは、頭に乗せたサングラスとバッグのおかげ。バックパックやウエストポーチなどのカジュアルなバッグではなく、キュートなミニバッグにすることで、LAセレブの休日風に様変わり。前後で切り替えられたパンツが動きを加えています。

クロップド丈のトップスで脚長効果アップ

 ウエストゾーンで素肌を少しのぞかせる“チラ腹見せ”は、この春夏のトレンド。引き立て役は、ショート丈のクロップドトップスです。シャツを加えた3点セットなら、肌を隠しつつ、丈の違いで立体感を際立たせるレイヤードに仕上げられます。

 デニムジャケットはハードに見えがちですが、クロップド丈を選べば、軽快さが強まります。股上が深めのパンツと組み合わせて、脚長効果もアップ。パンツの裾の折り返し幅を大きく取ることで、レッグラインをすっきり見せました。色落ち具合の異なるデニムジャケットを腰に巻いたアレンジは、上級者のデニムミックススタイル。両袖も折り返し、こなれた印象を演出しています。

色のトーンを上下でずらして、めりはりを演出

 単品の手持ちデニムを組み合わせるコーディネートは、色合いがばらつきがち。でも、そのずれ具合をあえて生かすことで、カラートーンの違いがパッチワークのような印象のスタイリングに整えられます。

 手軽に試しやすい“デニムonデニム”の代表は、シャツ(またはジャケット)とパンツの組み合わせ。ポイントは、薄めのトーンのトップスを選んで、パンツとのコントラストを際立たせる着こなし。ボトムスの色が濃い分、腰から下が引き締まって映る効果も。中途半端に上下で色をそろえるよりも、色の差をはっきり出した方がめりはりが出ます。シャツボタンを開けて素肌を見せると、みずみずしい印象を引き出せます。

華奢ネックレス&細ベルトでしなやかコーデ

 濃い色のデニムの上下セットは、ワイルドな印象が強いスタイリング。フェミニンなアクセサリーを足すことで、全体のバランスが整います。

 シャツとパンツのコンビネーションにロング丈のライトアウターを重ねて、ミックス感を添えました。注目は、襟と袖口からデニムをのぞかせるレイヤードテクニック。パーカやカーディガンなど、手持ちのアイテムで簡単にムードを変えられるアレンジです。さらに、華奢なネックレスと細ベルトを合わせることで、フェミニンな装いに仕上がるアレンジ術です。

 ハードな雰囲気やストリートテイストの象徴だった“デニム on デニム”も、アレンジ次第で出番を増やせます。サイズやカラートーン、小物使いを自由に使いこなして、自分らしいデニムルックを楽しんでみては。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら