ファッション

映画「ハウス・オブ・グッチ」をのぞき見! レディー・ガガが魅せるスタイルとは?

 レディー・ガガ(Lady Gaga)が出演するグッチ(GUCCI)創業者一族の争いを描いた待望の映画「House of Gucci(原題)」の撮影が、3月にイタリアでスタートした。今秋公開予定の同作は、グッチ創業者のグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)の孫にあたるマウリツィオ・グッチ(Maurizio Gucci)が、元妻のパトリツィア・レッジアーニ(Patrizia Reggiani)が雇ったとされる殺し屋によって1995年に射殺された実話を題材としており、情熱、殺人、ファッション、並外れたキャラクターなど、映画化に相応しい要素が盛りだくさんとなっている。

 監督を務めるのはリドリー・スコット(Ridley Scott)、マウリツィオ・グッチ役はアダム・ドライバー(Adam Driver)、そしてパトリツィア・レッジアーニ役をガガが演じる。なお同作は、元「WWD」ミラノ支局長のサラ・ゲイ・フォーデン(Sara Gay Forden)の著書である「ザ・ハウス・オブ・グッチ(The House of Gucci: A Sensational Story of Murder, Madness, Glamour and Greed)」を基にしている。

 衣装選びに余念がないことがうかがえる映画「ハウス・オブ・グッチ」だが、公開を待ち望む声も多い中で、今回は衣装の着こなし等、徹底した役作りを行なっているガガのオフショットや、撮影でのファッションの数々を紹介する。

ローマのホテルに滞在中のレディー・ガガ

 ローマのホテルを出て撮影現場に向かうガガは、「セリーヌ(CELINE)」のシルクラメのレオパード柄ロングドレスに、黒のパンプスとブルーのハンドバッグを合わせたファッショナブルなイタリアの女性相続人風の装いで姿を見せた。ダークカラーに染め直した髪をルーズにまとめたエレガントなヘアスタイルや、オーバーサイズのサングラスを取り入れたことで、これ以上ないほど魅力的なスタイルに仕上がっている。

 次に見せたのは、「マックスマーラ(MAX MARA)」2021年春夏コレクションで発表されたケープのような袖が印象的なキャメルのベルト付きロングコートに、「セリーヌ」のトートバッグを合わせたコーディネートだ。白い手袋をプラスしたことで、レトロな雰囲気も漂っている。

 またある日には、「マックスマーラ」21年プレフォール・コレクションからオールホワイトのブレザーとパンツをチョイスして、黒いプラットフォームシューズと白のバッグを合わせた。ヘアスタイルも、当時に合わせてグラマラスなキャリアウーマン風に仕上げている。

印象的なファッションの数々を披露するレディー・ガガ

 ガガは、「オスカー(Oscar)」ノミネート作品の出演映画「アリー/スター誕生(A Star Is Born)」での数カ月に及ぶプレスツアーでも、一貫してテーマに沿ったレッドカーペット・ファッションを披露してきた。19年1月の「ゴールデン・グローブ賞(Golden Globes)」の授賞式では、「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のライラック色のドレスを着用し、ヘアスタイルも同作の1954年版の映画「スタア誕生(A Star is Born)」に出演したジュディ・ガーランド(Judy Garland)と同じ髪色に染めて、作品にオマージュを捧げた。

 続く19年2月の「アカデミー賞(ACADEMY AWARDS)」の授賞式では、映画「ティファニーで朝食を(Breakfast at Tiffany’s)」の宣伝ポスターでオードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn)が身に付けていた「ティファニー(TIFFANY & CO.)」のイエローダイヤモンドのネックレスを着用した。

 また21年3月9日には、「ハウス・オブ・グッチ」のファーストルックとして、1980年代のスキー後の社交ファッションに身を包んで、ドライバーと共にイタリアのスキーリゾート、グレッソネイ・サイント・ジェアンで撮影した写真を自身のインスタグラム(INSTAGRAM)に投稿した。写真では、黒のタートルネックとパンツに目立つベルトを合わせて、ふんだんにあしらったパールとゴールドのジュエリーと、白いファーの帽子でコーディネートを完成させている。演技をする上で常にファッションを重視しているガガだが、「グッチ」側は「ハウス・オブ・グッチ」の制作にあまり好意的ではないと噂されていることもあり、「グッチ」を着用したガガを見られるのはまだ先になるかもしれない。

レディー・ガガの映画「ハウス・オブ・グッチ」でのファッション

 「ハウス・オブ・グッチ」の撮影では、オールブラックの衣装に大ぶりのパール、ピンヒール、ドラマチックな帽子を合わせて80年代のスタイルを完璧に再現している。

 また、当時のイタリアにおける貴族階級の典型とも言える毛皮のコートのスタイルでは、赤いラップドレスにゴールドのジュエリーを合わせてグラマラスな悪女を演じた。

グッチ役のアダム・ドライバーのファッションも見逃せない

 マウリツィオ・グッチ役のアダム・ドライバーは、「グッチ」のアイコニックなメガネにクラシックなトレンチコートとフェアアイル柄のセーターを合わせた80年代のイタリア上流階級の定番スタイルを披露した。サイドパートの流れるようなヘアスタイルも印象的だ。

 ダブルのストライプスーツに同系色のネクタイ、チャンキーなネクタイピン、そしてアイコニックな革製のローファーを合わせたスタイルは、まさにイタリアファッション界のトップそのものだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら