ファッション

細見え抜群の“ロング × ロング” コーデで夏を制す! 3つの着こなし術

 丈の長いウエア同士を組み合わせる“ロング×ロング”コーディネートの人気が続いています。ボディーラインをぼかしてくれるだけでなく、スラリと映り、肌も隠せるなど魅力がいっぱい。今回は夏にメリットの多い“ロング×ロング”コーデを着こなすうえで大事な3つのポイントをご紹介します。

 夏のロングコーデで重要なのは、軽やかで涼しげに見えること。たとえば、「アンスクリア(INSCRIRE)」は、真っ白なノースリーブ・ワンピースをキーアイテムに選び、デニムパンツと合わせました。クリーンな雰囲気のワンピースが軽快感を、裾が切りっぱなしのフレアシルエットのデニムパンツが70年代ヒッピー風を呼び込んでいるのも今年らしいスタイリングです。

“スリット入り”セットアップでリズム感を演出

 

 スリットが入ったロング丈の上下セットアップは、スタイリングをシャープに見せ、動きが出るスタイリングです。「ミューラル(MURRAL)」のセットアップは、ロングパンツの上からチュニック風のロング丈のウエアを重ねました。黒で縁取られたスリットによって動きが際立つ仕掛け。しなやかなシルエットは着心地よさげでありながら、つややかな光沢がエレガントです。シャイニーな生地が、流麗な着映えを引き立てています。

 2枚目の「ズッカ(ZUCCA)」は、全身に細かいプリーツをあしらったセットアップ。トップスのサイドに連ねたボタンの外し加減で、スリットの表情を自在に調節できる仕組みです。上下のプリーツが縦落ちのイメージを強調し、スリットとの相乗効果も発揮しています。袴風のワイルドなシルエットパンツが上半身の華奢さを引き出しました。

“シアー素材”でエアリー感をプラス

透けるシアーな素材を生かせば、ロングアイテムに軽やかさを添えられます。「チノ(CINOH)」は、黒パンツの上からシアー素材のロングスカートをレイヤード。透け感を帯びたスカートが、装いに奥行きを持たせました。さらに、身頃にたっぷりドレープを寄せたベージュのジャケットが立体感を強め、黒のスレンダー感を際立たせています。

膝丈ワンピースとマキシ丈スカートを組み合わせる「ロング×ロング」も効果的です。2枚目の「アメリ(AMERI)」は、ナチュラルな雰囲気のグリーンのワンピースと繊細なレース生地のスカートが好相性のレイヤード。ほのかに脚が透けるレーシーな素材感が涼やかな印象です。ロング丈同士のコンビネーションで縦長のイメージも強まっています。

“オールホワイト”で完成させるエフォートレスな夏ルック

 安定した人気のオールホワイトは、春夏らしい涼やかな装いに仕上がる定番のコーディネート。ノーブルさやピュアな雰囲気も引き出してくれます。「スリュー(SREU)」は白ワンピースと白デニムパンツでレイヤード。白系で統一しつつ、風合いをずらすと、深さを帯びた表情を演出できます。ノースリーブのおかげで、スレンダーなシルエットがさらに引き立っています。“腕を見せて脚を隠す”という、夏に使えるテクニックです。

 オールホワイトは清らかなイメージがあるので、ゆったりしたシルエットのレイヤードを選べば、品のあるエフォートレスな雰囲気にも仕上げられます。2枚目の「ミズイロインド(MIZUIRO IND)」は、シャツワンピースがキーアイテム。正面のボタンをあえてすべてはずして、ライトアウターのような羽織り物使いに。わずかにトーンがずれたワイドパンツと合わせて、白系の“トーン・オン・トーン”にまとめました。裾に向かって広がるシルエットがリラックスした優雅な印象も引き出しています。

 スリットやシアー素材、オールホワイトという、トレンドを取り入れた3つのアレンジで、今年らしい夏の“ロング×ロング”コーデに仕上がります。ボディーを締め付けず、風が通る涼やかな着こなしのおかげで、気持ちまでリラックスできそう。これからのサマールックで出番が多くなりそうなスタイリングです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら