ファッション

「ナイキ」×大坂なおみのコレクション第2弾は禅を取り入れた“ゼナジー”

 「ナイキ(NIKE)」はこのほど、プロテニス選手の大坂なおみとのコラボコレクション第2弾を発表した。5月24日にナイキメンバー限定で公式ECサイトとアプリで発売し、6月17日に一般販売を開始する。

 大坂選手のデザインパートナーであるカーリー・エリス(Carly・Ellis)=ナイキ・シニア・アパレル・デザイナーは、発売に合わせて行われたメディア向け発表会で「今回のコンセプトは禅とエネルギーを掛け合わせた“ゼナジー”。強さや情熱、優しさなど大坂選手の持つ多様な面を大胆なシルエットと優しい素材で表現した」と解説した。

 アイテムは大坂選手からの「誰にとっても着やすいデザインに」という意見を受け、Tシャツ(税込4950円)やショーツ(同1万1000円)、フーディー(同1万1000円)、ボディスーツ(同8250円)など、さまざまな組み合わせが楽しめるアイテムをそろえた。アパレル以外にも全仏オープン用のスニーカー“ナイキコート エアズーム GPターボ 大坂なおみ”(同1万9250円)も登場する。大坂選手の好きな黒、白、オレンジのカラーパレットやカモ柄のグラフィックパターンを採用したほか、ファーストコレクションに引き続き彼女の名前を元にしたロゴ、ラッキー・キャットのグラフィックも一部に施した。また同社のサステナビリティプランに沿って、素材はオーガニックコットンやリサイクルポリエステル繊維を使用した。染色工程においても、水や化学薬品の使用量を削減した染色方法を採用している。

 エリスデザイナーは「大坂選手はスポーツに限らず、さまざまなフィールドで活躍する世代のロールモデルだ。世界を舞台にする自身の発信力を生かして社会正義を訴える彼女の姿勢は、このパートナーシップを意味深いものにしてくれている。彼女の洞察や意見は、各アイテムに深いストーリーを持たせてくれている」と加えた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら