ファッション

自分好みにアレンジ自在 大人のショートパンツ攻略コーデ

 今年の夏は、ミニボトムスがアツイです!大人の女性が取り入れやすいのは、すっきりと映る黒のショートパンツ。キュートな雰囲気や少年っぽさなど、いろいろなムードを兼ね備えているので、自在にスタイリングできます。今シーズン狙いたいテイストは、軽快さとクールさが両立する“大人のショートルック”です。

 「シャネル(CHANEL)」の2021年春夏コレクションでは、ネオンカラーのグラフィカルなトップスに、黒のショートパンツをコーディネート。足元にはメンズ風なローファーを合わせました。カジュアルなイメージを持たれがちなミニボトムスですが、黒のショートパンツを選べばシックな着こなしが叶います。今回は、夏の装いに取り入れやすい黒のショートパンツのスタイリングプランをまとめてご紹介します。

ロマンチックなトップスで“甘辛ミックス”

 黒のショートパンツはクールな印象が強いので、ロマンチックなトップスと組み合わせて、上下で“甘辛ミックス”にまとめるとバランスが整います。オフショルダーのブラウスは、肩周りの露出は多めですが、シャツならではのきちんと感があり、健康的に肌見せが叶うアイテム。シンプルな黒のショートパンツが全体をシャープに引き締めました。ファーのサンダルがグラマラスなムードをプラスしています。

 2枚目のコーディネートの主役は、総レースのブラウス。シースルーのトップスを黒のショートパンツの上からかぶせてセンシュアルな雰囲気に。“白×黒”のコンビネーションも効果的です。ブラウスのワンピース使いは、着回しのバリエーションを広げる上でもメリット大。足元はあえてメンズライクなコンバットブーツを合わせることで、タフ感がプラスされています。“はかなげ×強め”のムードミックスが際立ったスタイリングです。

“白×黒”の鉄板コーデでスッキリ大人スタイル

 ショートパンツは幼く見えると敬遠する人もいますが、白シャツをパートナーに迎えれば大人っぽくまとまります。スッキリ感の高い“白×黒”ルックならシーンも選びません。一般的な白シャツよりデザイン性の高いタイプを選べば、ドレッシーに決まります。おすすめは、プルオーバーの白シャツ。ややパリッとした質感もジャケットライクな印象です。クラッチバッグできれいめのテイストを上乗せするのが、大人のショートパンツスタイルのポイント。鼻緒サンダルで抜け感も忘れません。

 白と黒のツートーンで統一するのは、ショートパンツをスタイリッシュに仕上げる鉄板技。小物にもこのルールを生かせば、さらに洗練度が上がります。2枚目は、オーバーサイズの白シャツのボタンを全開にしてカーディガンのようにまといました。シャツの裾からショートパンツをチラ見せさせるのが通な着こなし。装いのアクセントになっているのは、黒革のロングブーツ。脚の見え加減をセーブすることで、フェティッシュな雰囲気を呼び込みました。

他の露出を控えてヘルシーなレッグラインを演出

 黒のショートパンツは癖がない分、自分好みにアレンジが自在。カラフルなトップスと合わせて、めりはりのあるコーディネートも試せます。マルチカラーのボーダートップスと黒デニムのショートパンツの組み合わせは、若々しさとストリートテイストが同居。適度に艶感のあるレザージャケットとリュックのストラップが、全体のバランスを引き締めています。

 黒は素肌の透明感を引き出す色なだけに、黒を主体にまとめると、脚線をみずみずしく印象づけてくれます。2枚目は黒のスエットトップスと黒のショートパンツのコンビネーションで、スポーティーに整えました。あえて首の詰まったトップスを選んでネックゾーンの露出を控え、レッグラインのヘルシーな肌見せに視線を誘導。長袖で腕もカバーすることで、ショートパンツの持ち味を前面に押し出しています。

 黒のショートパンツはシンプルなアイテムだからこそ、スタイリングの自由度が抜群です。トレンドの大襟ブラウスやボリューム袖トップスとも好相性を発揮します。今回のようなフェミニン系のアイテムや、シンプルなシャツ、ストリート風のアイテムなどをうまく使えば、多彩なアレンジが楽しめます。気持ちも足取りも弾ませてくれる、夏にパワーがもらえるアイテムです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら