ファッション

次に着たいのは新顔“フィッシュネット”トップス! 秋冬にも生かせる簡単コーデ

 網のような素材で仕立てた“フィッシュネット”の服に注目です。サマールックの印象がありましたが、近ごろは服のオールシーズン化を追い風に、秋冬仕様も登場。従来より“漁網感”が薄れ、着こなしやすく進化しています。

 また、これまでのセクシーな印象が薄まり、ヘルシーなムードが強まっています。さらに、複数の編み地をミックスした手の込んだデザインも登場。たとえば、2021-22年秋冬に登場した「ディオール(DIOR)」のニットは、身頃はレーシーな透かし編みで、袖部分はフィット感のあるフィッシュネットと、編み方を変えています。今回は有力ブランドの2021-22年秋冬ルックから、通年使える新顔の“フィッシュネット”をピックアップしました。

シックな黒白ルックに立体感 レイヤードの要に

 今シーズンのフィッシュネットは、モダンさやジェンダーレスな雰囲気が増しています。今までのセクシーなストッキングのような細い網目タイプではなく、太めの枠に変わったのも、新タイプのフィッシュネットの特徴です。

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は黒と白でまとめたシックな装いにフィッシュネットのトップスを取り入れました。襟の広い白シャツをキーピースに据えて、黒の透かしニットを重ねて、重層的なモノトーン・レイヤードにまとめています。フィッシュネットには素肌の露出がつきものでしたが、通年仕様では肌見せを押し出さない傾向にシフト。むしろ素肌の代わりに、フィッシュネット自体を主張するスタイリングが生まれています。

キャミソールドレスのモード感アップ キーピースはタートルネック

 ドレッシーなキャミソールドレスを新たな表情で着こなすうえで、タートルネックのフィッシュネットは重宝します。キャミソールドレスをシーズンレスに着回すのに役立つスタイリングです。

 白のハイネック全体にホールを散らばらせたのは「3.1 フィリップ リム(3.1 PHILLIP LIM)」。網目が従来のフィッシュネットより大きく、素肌はしっかり見えますが、布地で覆われている部分も多いので、いわゆる網タイツのようなセクシーな印象は遠ざけられています。ビッグホールのおかげで立体感が際立ち、しなやかなレイヤードルックが叶いました。

あでやかなボーホーでデニムルックも妖艶に

 ヒッピーやボヘミアンのムードも帯びるフィッシュネット。妖艶な雰囲気を引き出すアイテムとして使いでがあります。リアルな着こなしでは、レイヤードに生かすのが得策です。

 フィッシュネットを素肌に直接まとう装いを提案したのは「エムエスジーエム(MSGM)」。きらきらのラメ素材を織り込んだモール風の糸でフィッシュネットのトップスを編み上げました。ここまでのシースルーは難易度が高そうですが、タンクトップやTシャツの上から重ねれば、つやめきと色香を添えたスタイリングに。デニムパンツルックの格上げにも役立ちます。秋冬はカーディガンやセーターと組み合わせたり、上にジレやジャンパースカートなどを羽織ったりする重ね着コーデに重宝しそうです。

彫刻アートのような手仕事テイスト 立体感がめりはりを演出

 以前のフィッシュネットには、機械編みらしい均等な網目の配列が多く見られましたが、近ごろは手仕事のイメージを強めた、あえて不ぞろいな網目のネットパターンが増えています。

 「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」は網目素材を使って、立体感のあるセットアップを披露。一様ではない網目は、ハンドクラフトの上質感を際立たせています。クロップドトップスとスカート、レッグウエアのトリプル・セットアップなのに重く見えないのは、たっぷりした隙間のおかげ。編み物ならではの立体感が、ボディーのめりはりを引き出してくれました。

 今回取り上げたルックが示す通り、フィッシュネットのアイテムは秋以降もレイヤードルックに生かせる便利アイテムです。網目の部分を生かして、さまざまな手持ちのワードローブと組み合わせたり、部分的に素肌を見せたりと、気分に合わせて別の表情を引き出せます。以前に比べてデザインや素材のバリエーションが豊富で選びがいがあるので、今から目を着けておいてはいかがでしょう。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら