ファッション

【人気急上昇】カラーパンツ、着こなしの鍵は“ジェンダーレス” 22年春夏トレンド

 足取りまで軽やかになりそうなカラーパンツがブームになりつつあります。2022年春夏シーズンのヒットアイテムとして見込まれていますが、世界のファッショニスタは早くも取り入れ済み。シンプルなシルエットのパンツも、ポジティブな色を選ぶだけで、ぐんと若々しくアクティブに映り、気持ちが外へと向かっている潮流にもぴったりです。

 ジューシーなイメージのカラーパンツは見た目の印象が強いので、コーディネートの主役を任せられます。弾む気持ちを色で表現できるので、装いのムードメーカーとして活用しましょう。着こなしの軸に据えたいのは、ジェンダーレスなアレンジ。羽織り物やトップスなどと巧みに合わせたおしゃれマイスターたちのスタイリングをヒントに、カラーパンツの操り方をチェックしていきましょう。

ジェンダーレスな着映えがかなう“ボクシージャケット×カラーパンツ”

 クールな印象のパンツにボクシーなジャケットを合わせると、マニッシュな雰囲気に仕上がります。手軽にジェンダーレスな装いを完成できるキーピースです。

 海のように鮮やかなブルーは、ナチュラル志向が強まるこれからのトレンドカラー。パンツで取り入れれば、クールさが増します。きれいな若草色のボックスジャケットを重ねて、爽やかなイメージをプラス。薄いブルーのシャツと濃いブルーのバッグと合わせて、青系の“トーン・オン・トーン”にまとめました。

 羽織るジャケットのムードを変えれば、別の表情をまとえます。あえて“お父さん”顔のジャケットを引き合わせるコーディネートは、意外性を生む“ずらし”テクです。2枚目は、ナス色のフレアなカラーパンツと、同系色のポインテッドトーのヒールを合わせて、すっきりしたレッグラインを際立たせました。渋いグレーのジャケットに、ショート丈のトップスでチラ腹見せといった、22年春夏のトレンドを先取りしたミックスコーディネートです。

凜々しくセンシュアルな“レザー×レッド”

 原色の赤はフェミニンさが匂い立つ色です。女っぽさを濃く打ち出せるので、やり過ぎないようにミックストーンに仕上げたいところ。硬質なムードを漂わせるレザー仕立てのアウターなら、申し分のない凜々しさを演出できます。

 センタープレスが利いた、あでやかな真っ赤なパンツにハンサムな黒革ジャケットを羽織ると、絶妙なコントラストが生まれます。レトロフューチャーなアイウエアと、パープルのクルーネックで、モダンアートのような仕上がりに。

 また、赤パンツとロングコートを組み合わせは、縦長のイメージを増幅できます。2枚目の写真は、細身のレッドパンツに白シャツを合わせ、膝まで隠すロング丈のレザーコートで縦落ち感をアピール。前を開けて颯爽と歩き、スレンダーな脚線を印象づけました。自立した女性像をほうふつとさせる着こなしです。

リラックスとポジティブが同居する“イエローとグリーン”

 カラーパンツの魅力は、選ぶ色次第でいろいろな気分やキャラクターをまとえるところにもあります。ようやくポジティブなムードが戻ってきそうなタイミングだからこそ、ハッピー感をまとえる色に挑戦したいところです。

 目の覚めるようなイエローは注目カラー。生命や若々しさを表現する色として、22年春夏のヒットカラーとして有望視されています。ジューシーなイエローを主役に据えた着こなしからは、エネルギーがもらえそう。心地よさそうななニットトップスで、のどかな雰囲気を醸し出して、“リラックス×ポジティブ”を全身で表現しているかのようです。

 大自然や植物、穏やかさなどのイメージを兼ね備えたグリーンは、今の時代を代表する色。22年春夏にも勢いが続く見込みです。ゆったりしたパンツとも好相性を発揮することが2枚目のルックからも分かります。自然体なムードや清涼感もまとえるので、上手に生かしたいところ。オレンジのアウターを羽織って、ポジティブなイメージを上乗せし、パールネックスレスでエレガンスを添える小技も効いています。

 ご紹介したスナップからも分かるように、インパクトのあるカラーをチョイスすることで、パンツルックの鮮度がアップします。カラフルなパンツは存在感がある分、シンプルなアウターやトップスとスタイリングしやすいところも魅力。ジェンダーフリュイド(流動的)に着こなしやすいボトムスなので、冬のうちから取り入れて足元から装いを弾ませてみてはいかがでしょう。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら