ファッション

【サステナ対談】H&M×資生堂×Z世代「循環型への移行は待ったなし」

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」は11月24日、オンラインイベント「WWDJAPAN SUSTAINABILITY SUMMIT2021」を開いた。今年は「近未来のファッション」をテーマに国内外から9人が集まり議論を交わした。セッション3では循環型の未来をテーマに、先進企業である資生堂とH&Mのサステナビリティ担当者、そしてCOP26にユース代表として参加したZ世代の若者が議論を交わした。

向千鶴WWDJAPAN編集統括サステナビリティ・ディレクター(以下、向):セッション3では、「循環型」をキーワードに業界の未来を描くという大きなミッションを皆さまと一緒に進めたいと思います。資源の限界が見え、これまでのリニアエコノミーからサーキュラーエコノミーへの移行が急がれます。そんな未来の話をするときに、未来を担う若者の存在が欠かせません。佐座さんは、イギリス・グラスゴーで開催したCOP26にユース代表として参加しました。その様子を教えてください。

佐座槙苗一般社団法人SWiTCH代表理事(以下、佐座):COPは毎年国連の「気候変動枠組条約」参加国が集まる会議です。コロナの影響で昨年は開催が延期され、2年ぶりの開催で、今年は脱炭素化に向けた動きに世界中の人たちが注目していました。ニュースで見るCOPでは、たくさんの人たちが並び、難しそうな顔で議論している印象が強いかもしれませんが、実はそうではないイベントや話し合いが行われる場面もありました。循環型への移行が話し合われる中、「本当にこの波に乗らないといけないのかな」と懐疑的な人も日本にはまだ多いと思いますが、COP26では皆が「もう後戻りはできない」という思いを共に持ち、循環型で環境に配慮した科学に基づいた社会づくりの必要性を感じていました。

向:今までのファッションビジネスでは、糸から、商品を作り、販売し、お客さんに届けるまでがビジネスでした。しかし、今はお客さんに届いたその先をどうするかが大きな議題になっています。商品の回収や再資源化といった方法で、作って終わりではないビジネスを目指すということです。H&Mと資生堂は、循環型へいち早くシフトを始めている代表企業です。H&Mでは実際にどんな取り組みを行っていますか?

バリューチェーン全体を通じて循環させる

この続きを読むには…
残り5504⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら