ファッション

【サステナ対談】H&M×資生堂×Z世代「循環型への移行は待ったなし」

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」は11月24日、オンラインイベント「WWDJAPAN SUSTAINABILITY SUMMIT2021」を開いた。今年は「近未来のファッション」をテーマに国内外から9人が集まり議論を交わした。セッション3では循環型の未来をテーマに、先進企業である資生堂とH&Mのサステナビリティ担当者、そしてCOP26にユース代表として参加したZ世代の若者が議論を交わした。

向千鶴WWDJAPAN編集統括サステナビリティ・ディレクター(以下、向):セッション3では、「循環型」をキーワードに業界の未来を描くという大きなミッションを皆さまと一緒に進めたいと思います。資源の限界が見え、これまでのリニアエコノミーからサーキュラーエコノミーへの移行が急がれます。そんな未来の話をするときに、未来を担う若者の存在が欠かせません。佐座さんは、イギリス・グラスゴーで開催したCOP26にユース代表として参加しました。その様子を教えてください。

佐座槙苗一般社団法人SWiTCH代表理事(以下、佐座):COPは毎年国連の「気候変動枠組条約」参加国が集まる会議です。コロナの影響で昨年は開催が延期され、2年ぶりの開催で、今年は脱炭素化に向けた動きに世界中の人たちが注目していました。ニュースで見るCOPでは、たくさんの人たちが並び、難しそうな顔で議論している印象が強いかもしれませんが、実はそうではないイベントや話し合いが行われる場面もありました。循環型への移行が話し合われる中、「本当にこの波に乗らないといけないのかな」と懐疑的な人も日本にはまだ多いと思いますが、COP26では皆が「もう後戻りはできない」という思いを共に持ち、循環型で環境に配慮した科学に基づいた社会づくりの必要性を感じていました。

向:今までのファッションビジネスでは、糸から、商品を作り、販売し、お客さんに届けるまでがビジネスでした。しかし、今はお客さんに届いたその先をどうするかが大きな議題になっています。商品の回収や再資源化といった方法で、作って終わりではないビジネスを目指すということです。H&Mと資生堂は、循環型へいち早くシフトを始めている代表企業です。H&Mでは実際にどんな取り組みを行っていますか?

バリューチェーン全体を通じて循環させる

山浦誉史H&Mヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパンCSR/サステナビリティ・コーディネーター(以下、山浦):H&Mグループでは、「公正・平等でありながら循環型でクライメット・ポジティブなファッション業界へと変化を導く」というビジョンに沿って戦略的にいろいろな取り組みを導入しています。「循環型」はわれわれのビジョンにおいてもキーワードです。完全な循環型ファッションへの移行のために、タイムフレームを設けて目標を設定しました。2020年度時点では、使用するコットンをリサイクル、またはサステナブル調達のものへの切り替えが完了しました。25年までには、リサイクル素材の使用率を30%に引き上げます。昨年の時点では、大体5.8%でした。リサイクル素材の導入は難しく、非常にアグレッシブなゴールです。そして、30年までには使用する素材全てをリサイクル、もしくはサステナブル調達のものに切り替え、40年にはバリューチェーンを通じて「クライメット・ポジティブ」な企業になることを目指します。「クライメット・ポジティブ」とは、自社で発生させる二酸化炭素や炭素以上のものを吸収して無害化する、もしくは資源化することです。

この続きを読むには…
残り5002⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。