ファッション

【サステナ対談】注目企業ドレスX ×「トモ コイズミ」デジタルファッションで自己表現欲は満たせるのか?

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」は11月24日、オンラインイベント「WWDJAPAN SUSTAINABILITY SUMMIT2021」を開いた。今年は「近未来のファッション」をテーマに国内外から9人が集まり議論を交わした。セッション2は日本のメディア初登場となるデジタルファッションの先進企業、ドレスX(DRESSX)からダリア・シャポヴァロヴァ(Daria Shapovalova)共同創業者兼CEOが登場し、デジタルファッション参入を発表したばかりの「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」小泉智貴デザイナーとその可能性について語り合った。全体を通じてポイントとなるのは「デジタルファッションは自己表現力を満たすのだろうか?」という問いだ。

WWDJAPAN(以下、WWD):時差がある中、真夜中のロサンゼルスから参加ありがとうございます。ドレスXについて教えてください。

ダリア・シャポヴァロヴァ=ドレスX共同創業者兼CEO(以下、ダリア):ドレスXは世界初のデジタルファッションのオンラインストアで、約1年前に立ち上げました。今のところ、本当に素晴らしい旅路となっています。ファッションはすでに民主化はされているけれど、地球上の人たちが誰でもリアルタイムで身に着けることができることにはなっていない。その答えが私にとってはデジタルファッションでした。

 私は服を買うことが大好きだし、デザイナーの皆さんを本当に愛し、敬意を抱いています。でも時にはドレスはデジタルだけでもいい、それで満足できる場合もある。私たちは長い時間をオンライン上で過ごすようになりましたよね。オンライン上でもファッショナブルに美しく映りたい。そう考えたとき、デジタルファッションにはマネタイズのチャンスがあると考えました。デジタルでもクリエイティブに表現することができます。ワードローブの制限もありません。物理的に表現できないようなデザインも可能です。ドレスXではユニークなデザインのアイテムが人気です。たとえば美術館や博物館に収蔵されているコレクションをデジタルで身に着けることもできます。デジタルであれば永遠に存在することができるのです。

 また、物理的な衣服の製造よりもCO2の排出量を97パーセント削減し、水の消費量もはるかに少なくなっています。

WWD:始めたきっかけは?

ダリア:ウクライナでは18歳の頃からテレビでファッションの番組を持ちその後、キエフでファッションウイークを立ち上げました。ファッション業界で15年働き、根本的な変化が必要だと思ったのです。多くのインフルエンサーが服を着てSNSに1回ポストして終わり。SNSだけならデジタルでよいのでは?と思ったわけです。

この続きを読むには…
残り2141⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら