ファッション
特集 ファッション+アート 第3回 / 全10回

「GQJAPAN」x「ハーパーズ バザー」x「ARTnews JAPAN」編集長が考えるファッションとアートの関係

有料会員限定記事

ファッションとアートの急接近を象徴するのが、ファッションメディアの動きだ。「GQ JAPAN(以下、GQ)」は2023年9月発売のリニューアル記念号の特集にアートを選び、「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR以下、バザー)」は10月、“アートがファッションを熱くする”をテーマに特別号「ハーパーズ バザー アート(Harper's BAZAAR ART以下、バザー アート)」を創刊するなど、ファッションメディアによるアートの露出が増えている。一方で、アートメディア「ARTnews JAPAN(以下、ARTnews)」は、昨年には3回にわたりコレクションブランドの「アクリス(AKRIS)」とタッグを組んで現代アート展を開催したり、ファッションとアーティストのコラボレーションなどを記事で取り上げたりしている。昨今のアートとファッションの関係をメディアはどう捉え、コンテンツにしているのか。ファッションとアートを独自の視点で取り上げている3媒体の編集トップがアートとファッションの関係について鼎談した。(この記事は「WWDJAPAN」2024年1月22日号からの抜粋です)

プロフィール

WWDJAPAN(以下、WWD):「GQ」はリニューアル号の特集にアートを選んだ。その理由は?

石田潤「GQ」ヘッド・オブ・エディトリアル・コンテント(以下、石田):新しい「GQ」のコンセプトは「TOKYO NEW GENTLEMEN」。現代のジェントルマン像あるいは読者が今、何に興味を持っているかを考えたとき、従来のファッションや時計、車、スポーツから、アートや工芸、旅などライフスタイルにも広がっているという感覚があった。実際に周囲の読者像に近い人々と会うとアートの話題になることが多く、ではアートでやってみようということになった。

WWD:アートを誌面づくりでどう表現しようした?

石田:カバーストーリーはBTSのRMと現代美術作家の杉本博司さんの対談。他にも、ファッションやセレブリティーの文脈にいながらもアート界で評価されている藤原ヒロシさんや元「ソフ(SOPH.)」代表の清永浩文さんなどに、ストーリーテラーとして登場してもらい、アートと「GQ」の接点を作ろうと考えた。RMはポップスターでありながらアートコレクターでもあり、アート界に大きな影響を持っている人物。そういう人が世界で注目されているのも面白い傾向だと思う。また、リニューアルのパーティーでは森美術館でイベントを開催。ファッション業界とも関連するエコロジーを主題にした企画展を、森美術館の館長にツアー形式で紹介してもらった。このように誌面だけでなく、アートとのリアルな接点を作れたのは良かった。

この続きを読むには…
残り3461⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。