ファッション
特集 ファッション+アート 第1回 / 全10回

アートの視点がファッションにもたらすもの

有料会員限定記事

アートの視点がファッションにもたらすもの

アートとファッションは、長年寄り添って歩んできた。ココ・シャネル(Coco Chanel)やイヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)ら多くのファッションデザイナーたちは、アートをクリエイションの糧にしてきた。近年は「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」を筆頭に、ラグジュアリー・ブランドとアーティストのコラボレーションが続々と登場。ファッションというフィルターを通して、アートは身近なものになりつつある。「GQ JAPAN」や「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」などのファッションメディアもアートにフォーカスするようになり、百貨店やセレクトショップなどもアートを強化。ファッションとアートが今、急接近している。なぜアートなのか?ファッションとアートが結びつくことで生まれるものは何か?その背景や理由について探る。(この記事は「WWDJAPAN」2024年1月22日号からの抜粋です)

ちまたでは、アートがちょっとしたブームになりつつある。日本では、アートは “美術館で見るもの”と思われがちだったが、最近は街中やメディアでも頻繁に目にする。昨年「ルイ・ヴィトン」が草間彌生とのコラボレーション第二弾をプロモートすべく都内各地でインスタレーションを行ったことは記憶に新しい。このようにファッションブランドや小売店は最近、消費者がアートに触れる機会を創出。アートの消費者との強力なコミュニケーションツールとしての性質は強くなるばかりだ。 

この続きを読むには…
残り1911⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。