ビジネス

アクリスに新CEO 元米CEOが3年来のカムバック

 スイス発のウィメンズブランド、アクリス(AKRIS)のグローバル最高経営責任者(CEO)に、メリッサ・ベステ(Melissa Beste)が就任する。ベステ新グローバルCEOはアクリスのアメリカ地域の元CEO。ピーター・クリームラー(Peter Kriemler)現社長兼CEOは、アクリスおよびアクリス グループの社長として残る。アクリスが創業者一族の出身でない経営者を迎えるのは初めてのことだ。ベステ新グローバルCEOはニューヨークとスイスのオフィスを行き来することになる。

 ベステ新グローバルCEOは、2009年にアクリスのアメリカ地域CEOとして入社。14年に同社を去り、「ジェイソン ウー(JASON WU)」や「エーエルシー(A.L.C.)」などのブランドを扱うインターラックス(INTERLUXE)のCEOを17年春まで務めていた。アクリス以前は、「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」やニーマン マーカス グループ(NEIMAN MARCUS GROUP)、マーシャル フィールズ(MARSHALL FIELDS)、サックス・フィフス・アベニュー(SAKS FIFITH AVENUE)などで要職に就いていた。

 アクリスは1922年の設立で、3代目となる同ブランドは、アルベルト・クリームラー(Albert Kriemler)=クリエイティブ・ディレクターが作り上げるエフォートレスで控えめな世界観で知られている。アメリカ、日本、中国に子会社がある。

 ベステ新グローバルCEOはアメリカ、アジア、ヨーロッパ、ロシア、中東地域でのさらなる成長を目指す他、デジタルマーケティングの強化、小売店の拡大、ECサイトのリニューアルなどに取り掛かる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら