ビジネス

エイボン新CEOにユニリーバのベテラン

 エイボン・プロダクツ(AVON PRODUCTS)は2月5日、新最高経営責任者(CEO)にヤン・ザィデルフェルト(Jan Zijderveld)前ユニリーバ(UNILEVER) ヨーロッパ プレジデントを起用した。シェリー・マッコイ(Sheri McCoy)前エイボン・プロダクツCEOの後任だ。

 ザィデルフェルト新CEOは「今日のスタッフと消費者にとって、直販ビジネスのポテンシャルを感じている。消費者および競合他社の動向が急激に変化する中、ビジネスをフレッシュな目線で捉え、エイボンの次なる1章に早急に着手する」とコメントを発表した。

 アナリストのリンダ・ボルトン・ワイザー(Linda Bolton Weiser)は同社のビジネスについて「システムのアップグレードは始まったが、まだ課題は多く残っている。そんな中、会社を率いるリーダーの存在は大切。ザィデルフェルトCEOは多くのマーケットを訪れ、現地スタッフと会ってモチベーションを上げる必要がある」と分析した。一方で、前任のマッコイ前CEO同様、ザィデルフェルトCEOは直販ビジネスの経験に欠けるという意見も出ている。

 ザィデルフェルトCEOは1988年にユニリーバに入社し、オーストラリアやニュージーランドのビジネスを率いた後、ミドルイースト&ノースアフリカのCEOを務めた。また、同社は立て直しを図っている最中で、投資家から取締役会のメンバーの再編成を強く要求されており、1月には会社の売却の可能性も浮上していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら