ファッション

永井博と「アクリスプント」がコラボ 「夜景」と「夕暮れ」をプリントしたドレスなど発表

 スイス発の「アクリス(AKRIS)」のデイウエアライン「アクリスプント(AKRISPUNTO)」は5日、イラストレーターや音楽評論家、DJとして活躍する永井博とのコラボレーションを記念したイベントを東京・表参道スパイラルのCAYで開催した。会場では永井本人がDJを務め、パーティーを盛り上げた。

 「アクリスプント」は2018年プレスプリング・コレクションで永井によるイラスト作品「夜景」と「夕暮れ」をフィーチャー。作品をグラフィックプリントしたワンピース(14万9000~16万1000円)やブラウス(8万1000円)、パンツ(5万8000円)、スカーフ(4万6000円)などをそろえている。

 また、「アクリスプント」は18年プレスプリングからアオイによる卸販売を開始する。今後「アクリスプント」店舗の他に、セレクトショップや専門店などで扱われる予定だ。

 永井は1947年、徳島市生まれ。1976年からイラストレーターとして活動。大瀧詠一のアルバムジャケット「A LONG VACATION」でCBSソニーのアルバムジャケット特別賞を受賞。マツオカナオヤや藤原ヒロシと川辺ヒロシのユニットHIROSHI Ⅱ HIROSHI、杉山清貴ら多くのアーティストのレコードジャケットを手掛けている。現在はイラストレーターの他にデザイン、DJ、音楽評論も行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら