ファッション

「アンリアレイジ」のNFT作品11点が5000万円で落札 パリコレで発表

  NFT鳴門美術館は、ファッションブランド「アンリアレイジ(ANREALAGE)」が2022年春夏パリコレクションで発表したNFT11作品を、合計5000万円で購入する。NFT鳴門美術館は、美術品に関するNFTの発行、審査、販売、流通が可能な日本唯一の美術館。購入した作品には特典として、モデル着用のコレクションルックが提供されるという。ファッションショーで発表したルックのNFTが通常のウエアの価格よりもはるかに高額で購入されたことで、今後ファッションショーとビジネスのあり方にも影響を与えそうだ。

 同美術館が購入した作品の内訳は、「アンリアレイジ」が細田守監督最新作の「竜とそばかすの姫」とコラボレーションした「アンリアレイジ ✕ BELLE LOOK」の1作品(落札価格:1500万円)、22年春夏パリコレクションで発表したデジタルルックのNFT作品10点(落札価格:3500万円)での落札に合意し、購入金額は合計で5000万円となる。購入作品は来春、同美術館で公開予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。