サステナビリティ

いらない服を新しい服に H&Mがストックホルムの店頭に“ループ”設備を設置

 H&Mヘネス・アンド・マウリッツ(H&M HENNES & MAURITZ、以下H&M)は10月12日、服から服へのリサイクルシステム「ループ(Looop)」をスウェーデン・ストックホルムのドロットニンガータン店に導入した。「ループ」は不要になった衣類から、新しいファッションアイテムに作り変えるサービス。ブランド不問で現在はニットアイテムからウィメンズのニットトップス、ベビーのブランケットおよびスカーフへの作り変えが可能だが、今後はアイテムの幅を広げていく予定だ。料金はH&Mのロイヤリティプログラムのメンバーは、100スウェーデン・クローナ(約1100円)で、メンバー登録をしていない場合は、150スウェーデン・クローナ(約1650円)。全ての収益は素材に関する研究費用にあてられる。

 H&Mはファッションの“ループを閉じる(closing the loop、ゴミや有害物質を外に出さない)”ことを目標に掲げてこれまで循環型の仕組み作りに取り組んできた。このサービスでは「古着にも価値があり、廃棄されるべきではないことを視覚的に訴求すること」を狙う。

 「ループ」は、コンテナに投入した服を洗浄し裁断した後に、新たな糸にして、それらを編んで新しいファッションアイテムにするというもの。所要時間は約5時間。新たに製造されるアイテムの強度を保つために、不要な衣類に加えてサステナブルに調達された純資源もある程度追加するというが、その使用量を最小限にすることを目指している。「ループ」では水も化学薬品も一切使用しないため、 ゼロから衣類を製造するよりも、 大幅に環境への負荷を抑えることができる。

 パスカル・ブルン(Pascal Brun)=サステナビリティ・マネージャーは「私たちはファッション産業の変革を目指し、純資源の使用量を削減すべく常に新しいテクノロジーやイノベーションを模索している。真の変化を実現するには、お客さまと共に取り組むことが鍵になる。『ループ』の導入がどうお客さまにインスピレーションをもたらすか、とても楽しみにしている」とコメントを発表した。
 
 H&Mは2030年までにすべての使用素材を、リサイクルまたはサステナブルに調達された素材へと切り替えることを目標にしており、19年には57%を達成した。

 「ループ」は非営利財団のH&Mファウンデーション(H&M Foundation)とHKRITA(香港繊維アパレル研究開発センター)、香港の紡績会社ノヴェテック・テキスタイル(Novetex Textiles)が開発を進めていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら