ファッション

H&Mが環境負荷の少ない循環型ジーンズコレクションを発表 英エレン・マッカーサー財団とコラボ

 H&Mはこのたび、全ての生産工程を完全循環型にデザインするという目標達成に向け、デニム製品の従来のデザイン方法と製造工程を再考。循環型経済を推進する英エレン・マッカーサー財団(Ellen MacArthur Foundation)が立ち上げた「メイク・ファッション・サーキュラー(Make Fashion Circular)」イニシアチブとコラボレーションし、耐久性に優れ、リサイクルしやすく、資源に対して責任ある利用をした新しいメンズジーンズコレクション“ジーンズ・リデザイン(Jeans Redesign)”を発表した。10月上旬からH&Mの公式サイトおよび、H&M渋谷店、新宿店、二子玉川店、名古屋松坂屋店、梅田店の5店舗で順次限定発売する。

 デニム生地には、オーガニックコットンと35%までのリサイクルコットン(廃棄された使用済み衣料を再利用したもの)、従来と比べて水の使用量とエネルギー消費量を大幅に削減した染料を使用した素材が混紡されている。加えて、有害化学品を使わないスクリーンド・ケミストリー・メソッドを用いてより安全な化学薬品を選別し、仕上げには環境負荷の少ない薬品のみを使っている。また、循環可能なテンセル糸を使用することで、廃棄後のリサイクルの簡易化も意識した。

 ワークウエア風のシルエットにこだわった当コレクションでは、“スリム”“ストレート”、よりリラックスしたフォームの“レギュラー”の3種類のジーンズのほか、ワークウエアジャケットやトラッカージャケット、オーバーシャツ、トートバッグ、バケットハットを含む全9種類を展開する。カラーは、ライトグレー、ウォッシュドブラック、ミッドブルー、ディープインディゴの4色をそろえた。

 今回のコレクション発表についてH&Mデザイナーのジョン・ローマン(Jon Loman)は、「デザイナーはサステナビリティと循環性をパラメーターとして製品をデザインするべきだ。私は、新たな方法を追求し、ジーンズの製造工程における技術的な面とのつながりをより深めることもデザイナーの仕事の一部だと考えている。本プロジェクトは当たり前だと思い込んでいたことを新たな視点で見直す機会になった。このコレクションがよりサステナブルな製品を生み出すための大きな一歩になることを願っている」とコメントを寄せている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら