ファッション

「ドゥーズィエム クラス」成長の立役者が実践する、“常識破り”な大人女性向けファッション

有料会員限定記事

 30代前後の女性を中心に、ファッション市場で圧倒的な支持を集めるベイクルーズグループ(ラクラス)の「ドゥーズィエム クラス(DEUXIEME CLASSE、以下ドゥー)」。1990年代から同ブランドに携わり、その躍進を支えてきたのが佐藤恵ラクラス執行役員(48)だ。子育てもあって近年は後輩の指導にまわっていたが、満を持して前線に復帰。年齢を重ねた自身が今着たい服を、「ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス(MUSE DE DEUXIEME CLASSE、以下ミューズ)」業態で発信している。その結果、上は60代も含む幅広い客層を獲得。ウィメンズファッション市場をけん引してきた佐藤執行役員に、これからの大人ファッションのポイントを聞いた。

 「ミューズ」は現在、東京の六本木、丸の内の2店とECで展開している。2019年秋から徐々に「ドゥー」とは品ぞろえを別にし、20年秋に本格的に業態を分けた。「ドゥー」はシンプルな定番アイテムを、シャツの袖のまくり方やカーディガンの肩がけといったスタイリングで差別化する提案が持ち味。「でも、年齢を重ねるとそういったベーシックアイテムだけでは地味に見えがちで、もっとスパイスがほしくなる」と佐藤執行役員。30代前半や半ばが中心の「ドゥー」のバイヤーやMDに「遠慮をさせず、自由にやってもらうためにも、ディレクションを分ける必要があった」。それが、大人向け業態「ミューズ」誕生の経緯だ。

強化アイテムは迫力のあるジュエリー類

この続きを読むには…
残り2160⽂字, 画像11枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら