ファッション

17ブランド分一挙見せ! 21年春夏の各社の“推し”スタイリングを紹介【2021年春夏リアルトレンド】

有料会員限定記事

 コロナ禍を受けてファッション消費が冷え込む中で、消費者の間で「本当に必要なものだけを買う」「賢く買う」といった傾向がいっそう加速している。有力ブランドやショップは改めて自らの個性や強みを考え、顧客やファンに提供できる価値を追求。在宅ワークが増加し、家の中と外の境界線がシームレスになったことで、キレイ目のリラックスウエアを推す声や、シーズンレスで着られる定番品を強化するといった声がMD面では目立ったが、「こんな今だからこそファッションのポジティブなパワーを打ち出したい」というメッセージも非常に多かった。ここでは、コロナ禍でも絶好調な「アメリ(AMERI)」や「ノーク(N.O.R.C)」といったD2Cブランドも含め、17ブランド・ショップの2021年春夏物を紹介する。(この記事はWWDジャパン12月14日号の記事に加筆しています)

【ファッションビル系&D2C】

 リモート会議でも“映える”ブラウスや気分の上がる華やかなワンピースやセットアップなどの打ち出しが目立った。イエローを中心としたパステルトーンのきれい色は大本命だが、クリーンな白を打ち出すブランドも多かった。

この続きを読むには…
残り362⽂字, 画像17枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら