ファッション

ディレクターが語る、選ばれるブランドに必要なこと〜「スナイデル」篇【2021年春夏リアルトレンド】

有料会員限定記事

 ウィズコロナのリアルトレンド市場でも変わらぬ存在感を発揮するのが、マッシュスタイルラボの「スナイデル(SNIDEL)」だ。2020-21年秋冬(8〜11月)の売上高は19-20年秋冬実績を上回って推移している。各社がコロナの影響を鑑みて仕入額を抑える方針を取る中、21年春夏は仕入れ額を19年春夏並みに戻し、そのうえで消化率を追求する。同社の企画を統括する楠神あさみマッシュスタイルラボ取締役企画本部長と、「スナイデル」でMDを取り仕切る前田知佐・同MD本部副部長に強さの秘けつを聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年12月14日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1458⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら