ファッション

ディレクターが語る、選ばれるブランドに必要なこと〜「スナイデル」篇【2021年春夏リアルトレンド】

有料会員限定記事

 ウィズコロナのリアルトレンド市場でも変わらぬ存在感を発揮するのが、マッシュスタイルラボの「スナイデル(SNIDEL)」だ。2020-21年秋冬(8〜11月)の売上高は19-20年秋冬実績を上回って推移している。各社がコロナの影響を鑑みて仕入額を抑える方針を取る中、21年春夏は仕入れ額を19年春夏並みに戻し、そのうえで消化率を追求する。同社の企画を統括する楠神あさみマッシュスタイルラボ取締役企画本部長と、「スナイデル」でMDを取り仕切る前田知佐・同MD本部副部長に強さの秘けつを聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年12月14日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1458⽂字, 画像3枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら