ファッション

「スナイデル ホーム」が初のポップアップストア 三越銀座店やルミネ新宿など4商業施設で

 マッシュスタイルラボのルームウエアブランド「スナイデルホーム(SNIDEL HOME)」は11〜12月にかけて、全国の4商業施設でポップアップストアをオープンする。これまで同社の「ウサギ オンライン(USAGI ONLINE)」などECのみで販売していたが、今回初めてリアルで披露する場を設ける。

 ポップアップストアを開催するのは三越銀座店(11月25日〜12月8日)、ジェイアール名古屋タカシマヤ(12月2〜8日)、ルミネ新宿2(12月11〜25日)、大丸札幌店(12月16〜25日)。なお12月10〜27日にはECモール「ゾゾタウン」でも期間限定店を出す。

 期間中は2020-21年秋冬の新作のほか、ネコをモチーフにした長袖Tシャツ(6300円)、ワンピース(6900円)、シルクのマスク(2900円)などポップアップ限定商品も並べる。1万2000円以上の購入者にはオリジナルのマーブル柄を施した食器皿をプレゼントする。

 「スナイデル ホーム」は同社のウィメンズブランド「スナイデル」から派生する形で20-21年秋冬にスタート。女性を美しく見せるデザインやシルエット、日常に配慮したディテールや素材使いなどを盛り込んだルームウエアを「ホームドレス」として打ち出している。将来的には既存の「スナイデル」店舗への一部商品の導入やルームウエア単体での出店なども視野に入れ、売上高30億円規模を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら