ファッション

消費者座談会 こんなに変わった!働く女性の服事情【2021年春夏リアルトレンド】

有料会員限定記事

 リアルトレンド市場において、作り手側の意識は大きく変化しつつある。それは実際の消費者像と重なっているのだろうか?「WWDジャパン」はその答え合わせをすべく、今どきの働く女性3人を集めて座談会を実施した。メンバーはIT企業に勤め、原則リモートで働くむつみさん(27)、不動産営業として会社にフル出勤するめぐみさん(27)、在宅と出社が半々の美容系システム営業担当あゆみさん(26)。自粛期間から現在までに買った洋服やコスメ、ライフスタイルの変化について語ってもらった。(この記事はWWDジャパン2020年12月14日号からの抜粋です)

むつみ:そのワンピース、かわいい!

あゆみ:どこで買ったんですか?

めぐみ:「アメリ(AMERI)」です。「Go Toトラベル」キャンペーンで、三重の「アマネム」(高級ホテル)に行くことになったので、せっかくだからと買いました。シャツとハイウエストスカートがドッキングになってるのがかわいくて。

WWDジャパン(以下、WWD):皆さん、いつもより少しデザイン性のある服が気になりますか?

むつみ:そうですね。私は勤務先が原則リモート出勤になったので、会議の画面映えを意識して、夏ごろに明るい色の服を買い足しました。最近は外に出かける機会もちょっとずつ増えて、買い物の時間が楽しいっていう久しぶりの感覚を味わっています。

この続きを読むには…
残り1784⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら