ファッション

「ルイ・ヴィトン」メンズの最新コレクションを世界初公開 2021年秋冬プレは攻めの“定番”

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、メンズの2021年秋冬プレ・コレクションを公開した。ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターが今シーズンのテーマに掲げたのは“適合性”だ。ファッションに対する価値観が大きく変わりつつある時代に適合させながら、進化する姿勢をコレクションに込めている。

 スーツやブルゾン、ニット、ジーンズなどのタイムレスな“定番”を現在のラグジュアリーを定義するものの一つとして捉え、それらにサイケデリックなタイダイ・ギャラクシーのモノグラム・モチーフや文字が浮かび上がるエンボス加工、雨に濡れるとメッセージが浮かぶギミックなど、最新テクノロジーを生かしたディテールを盛り込んでいる。定番は現在の、最新技術は未来のラグジュアリーを表現しており、二つを融合させることで“ニューノーマル”に適合するスタイルを提案している。またベーシックライン“ルイ・ヴィトン ステープルズ エディション(LOUIS VUITTON STAPLES EDITION)”のアイテムも定番を象徴する要素としてルックに登場している。

 ヴァージルは「世界的なパンデミックによって浮かんだテーマが“適合性”だった。ニューノーマルに向けて必要なのは、これまで通り創造性を磨き、『ルイ・ヴィトン』が人々の文化であり続けること。過去にないほど活気に満ちて変化し、勢いが増している今のファッション業界を僕は楽しんでいる」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。