ファッション

パブロフスキープレジデントに聞く 新型コロナが「シャネル」に与えた影響

有料会員限定記事

 新型コロナの感染拡大の影響はラグジュアリーの女王、「シャネル(CHANEL)」にどのような影響を与えたのか?ブルーノ・パブロフスキー(Bruno Pavlovsky)=シャネル ファッション部門プレジデント兼シャネルSASプレジデントは、感染拡大後、早い段階からオープンするファッションショーの重要性について発言してきた。事実、6月にはいち早くプレ・スプリング(クルーズ)コレクションを発表している。その意図など「シャネル」のファッションがこの一年にとった選択とその成果、課題について話を聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年12月14日号からの抜粋です)

WWDジャパン(以下、WWD):パンデミックは「シャネル」のビジネスにどのような影響を与えたか?

ブルーノ・パブロフスキー=シャネル ファッション部門プレジデント兼シャネルSASプレジデント(以下、パブロフスキー):全世界が同じ状況に置かれた初めての状況であり、正直ブランドにとっては大きな危機だった。1月の初めにはここまで深刻な状況になるとは予想もできなかった。3月半ばには世界中の200の店舗を閉め、社員には自宅待機を命じた。だがこの状況下で皆、目標のために頑張ってくれたし、ステイホーム中もブランドのエネルギーを維持することはできたと思う。6月に入ってからはコレクションの準備を始めたので顧客やサプライヤー、社員に対して、回復に向けた目標を示すことができた。

WWD:ファッションビジネスはこれまでも幾度か、危機的な状況に陥った。それらも経験しているあなたは今回の危機をどう乗り越えようと考えたのか。

この続きを読むには…
残り2562⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら