ファッション

「アレキサンダー・マックイーン」が“すぐ買える”形式で新作発表 ロンドンで撮影した映像作品にのせて

 「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」は、ウィメンズの2021年春夏とメンズの21年プレ・フォール・コレクションをイギリスの映像作家ジョナサン・グレイザー(Jonathan Glazer)による映像作品「FIRST LIGHT」にのせて発表した。

  映像の舞台は早朝のロンドンのテムズ川。ドレスを着て川の中をさまよう女性モデルや、橋の上で駆け回る男性モデルが登場し、若者たちのエモーショナルな表情をとえている。クリエイティブ・ディレクターのサラ・バートン(Sarah Burton)は「世界は人と人のつながり、感情に満たされている。シェイプ、シルエット、ボリューム、必要最低限の美しさのみを残し、本質をむき出しにした」とコメントしている。

 ウィメンズは、ボリューム袖と細いウエストで体のラインを強調したジャケットや、ローズピンクを使ったロマンチックなドレスなどがそろう。トップスやドレスにはビスチェやコルセットの要素が特徴的だ。メンズでは異なる要素の掛け合わせのテクニックが多用されている。テーラードコートの前身頃とMA-1のスリーブをドッキングさせたアウターをはじめ、黒のギャバジンとチェック地を継ぎ合わせたジャケットなど遊び心が感じられるラインアップ。

 映像に登場したウエアは16日の公開直後、ブランド初の“SEE NOW, BUY NOW(見てすぐ買える)”形式で、公式オンラインサイトでオーダーを受け付けている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら