ファッション

「ルイ・ヴィトン」× NBA コラボカプセルコレクションを発表

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、北米の男子プロバスケットリーグ、ナショナル・バスケット・アソシエーション(National Basketball Association以下、NBA)とコラボレートしたカプセルコレクションを発表した。同コレクションは両者の3年にわたる契約の一環で、「ルイ・ヴィトン」のヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターがデザインを手掛けた。11月20日に発売する。

 NBAロゴをふんだんにあしらった靴やバッグ、ウエア、ジュエリーなどを用意。プレーヤーのワードローブを表現するというアイデアに基づいて3つのテーマを設けている。1つ目は“トラベル”でグレーのカシミアのトラックスーツなどカジュアルなアイテムをそろえ、2つ目は“試合”をイメージにモノグラムのジーンズや革のジャケット、Tシャツをデザイン。3つ目のテーマは“プレスカンファレンス”で、テーラリングの技術を駆使したルックが特徴だ。

 2019-20NBAは11日、レブロン・ジェームズ(LeBron James)率いるロサンゼルス・レイカーズの優勝で幕を閉じた。優勝チームに授与されるラリー・オブライエン・トロフィーは、「ルイ・ヴィトン」の6人の職人が製作した専用ケース収められた。ケースの外側には同ブランドのシグネチャーであるモノグラム・キャンバスが使用され、NBAのトレードマークであるブルーのマイクロファイバーでライニングされている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら