ファッション

「ルイ・ヴィトン」× NBA コラボカプセルコレクションを発表

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、北米の男子プロバスケットリーグ、ナショナル・バスケット・アソシエーション(National Basketball Association以下、NBA)とコラボレートしたカプセルコレクションを発表した。同コレクションは両者の3年にわたる契約の一環で、「ルイ・ヴィトン」のヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターがデザインを手掛けた。11月20日に発売する。

 NBAロゴをふんだんにあしらった靴やバッグ、ウエア、ジュエリーなどを用意。プレーヤーのワードローブを表現するというアイデアに基づいて3つのテーマを設けている。1つ目は“トラベル”でグレーのカシミアのトラックスーツなどカジュアルなアイテムをそろえ、2つ目は“試合”をイメージにモノグラムのジーンズや革のジャケット、Tシャツをデザイン。3つ目のテーマは“プレスカンファレンス”で、テーラリングの技術を駆使したルックが特徴だ。

 2019-20NBAは11日、レブロン・ジェームズ(LeBron James)率いるロサンゼルス・レイカーズの優勝で幕を閉じた。優勝チームに授与されるラリー・オブライエン・トロフィーは、「ルイ・ヴィトン」の6人の職人が製作した専用ケース収められた。ケースの外側には同ブランドのシグネチャーであるモノグラム・キャンバスが使用され、NBAのトレードマークであるブルーのマイクロファイバーでライニングされている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら