フォーカス

「ルイ・ヴィトン」メンズ大転換 ヴァージルとCEOが戦略を語る

有料会員限定記事

 新型コロナウイルスの大流行によりファッション業界のシステムを見直す流れが加速する中、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は2021年春夏シーズンからメンズ・コレクションの改革に取り組む。今後は従来の春夏や秋冬といったシーズンにとらわれないコレクションへと移行し、リアルのランウエイショーを世界各地で開催。8月6日の中国・上海を皮切りに東京でも行う予定で、年末までに巡回都市が増える可能性もある。また、「瓶詰めの手紙」と題された21年春夏コレクションはリサイクルやアップサイクル素材から過去のアーカイブまでを活用し、サステナビリティにも多角的に取り組んでいる。マイケル・バーク(Michael Burke)=ルイ・ヴィトン会長兼最高経営責任者(CEO)とヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターに計画の全貌を聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年7月20日号からの抜粋です)

 「ルイ・ヴィトン」はパリでのランウエイショーに代わり、7月9日夜にパリ郊外のアニエールにある創業家の邸宅で開かれたカクテルイベントと翌10日のデジタル・プレゼンテーションで、2021年春夏コレクションのショートフィルムを発表した。その内容は、ヴァージルが “ズームと仲間たち”と名付けたアニメキャラクターたちが航海に出る様子を現実世界の風景や人物と融合させたもの。アニエールから始まり、セーヌ川から大海原への船出で締めくくられる作品を通して、世界を巡る旅の幕開けを描いた。

この続きを読むには…
残り2478⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら