ファッション

「LV」メンズはシーズンレスに アニメと一緒の世界巡業は上海の後、東京に!

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のメンズは、これまでの通りの春夏/秋冬というコレクションや発表のスケジュールを改め、シーズンレス体制に移行する。コレクションは季節にとらわれず、ランウエイショーは世界を巡回。8月6日に中国・上海で行うリアルなランウエイショーを皮切りに、その次は、東京で開催予定だ。「メッセージ・イン・ア・ボトル(Message in a Bottle)」と銘打つ2021年春のコレクションはリサイクル・アップサイクル素材を使ったり、過去のアーカイブを再利用したりと、サステイナブルなマインドを多分に盛り込む。マイケル・バーク(Michael Burke)ルイ・ヴィトン会長兼最高経営責任者(CEO)と、ヴァージル ・アブロー(Virgil Abloh)メンズ・アーティスティック・ディレクターが明かした。次回のコレクションは、30ルックが新しい素材から、25ルックがリサイクル素材から、そして25ルックが過去のコレクションから誕生するという。過去のコレクションから誕生した洋服には、アップサイクルを意味する新しいエンブレムをがあしらう予定だ。

 7月10日の日本時間21時30分からのデジタル・プレゼンテーションは、ショートムービーの上映になるようだ。実写とアニメを組み合わせた、ヴァージルが「ズーム(Zoooom)と、その仲間たち」と呼ぶムービーの舞台は、海への旅路のようだ。ヴァージルは、「僕は今までさまざまなニュー・システムを提案してきたけれど、次のショーは、最も革新的な試みになるだろう。洋服と、クラフツマンシップ、そしてアニメのキャラクター。その全てを詰め込んだものになる。僕のショーは、世界を駆け巡る。始まりもなく、終わりもなく、途切れない。みんなは毎回、ちょっとだけ新しいものを見て、同時に、見たことあるものもちょっとだけ再度目にすることになるだろう。全てのシーズンを1つにまとめるんだ」と話す。ヴァージルは、アニメの制作にファッション・フィギュア・スタイリストとして活躍したレジー・ノウ(REGGIEKNOW)と、サーラー・クリエイティブ・パートナーズ(The Sa-Ra Creative Partners)を起用。サーラー・クリエイティブ・パートナーズは、オンマス・キース(Om’Mas Keith)とタズ・アーノルド(Taz Arnold)、シャフィーク・フセイン(Shafiq Husayn)による米ロサンゼルスの音楽プロデューサーグループだ。

 ヴァージルは昨年、激務による体調不良のため、医者にスローダウンするよう諭され、働き方に対する考えが変化した。「マルチタスクを抱え、『ファッション界は、どうしてこんなに生き急ぐんだ?』と自問自答するようになってしまった」とヴァージル 。そして世界は、新型コロナウイルスのパンデミックに直面する。「落ち込んだり、パニックになったりする代わりに『新しい時代だ。過去と現在を見つめ直し、自分たちで新たな未来を開拓しよう』と決意した」と続ける。

 バークCEOは、「ファッションショーは、終わってなんかいない」と考えているが、新たな挑戦に意欲的だ。「人々は今、実際、旅行できない状態だ。だったら世界中の人々を1箇所のショー会場に呼ぶのではなく、私たちが世界に洋服を持って出かけようと思う」と言う。

 上海のショーは一般にも開放しながら、ライブ配信。上海、東京に続く街は、年末までにいくつか発表するようだ。バークCEOは、「熱狂は、リアルな人々から生まれる。とにかく皆に楽しんでもらいたい。なぜなら私たちが最後に世界中で分かち合った感情は、(新型コロナウイルスにまつわる)悲哀だったから」。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら